FC2ブログ

Category

2007.03

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

ロシア記者また変死 

http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20070310/mng_____kok_____001.shtml
>幻覚などを引き起こす薬物を盛られた可能性もあると再捜査を依頼した。

こんな暗殺方法も有るのかだが

SU30やイスカンデール等
米には通用しない兵器だろうか

中国の衛星破壊に対抗し、米国の「宇宙戦争」の準備は - 米国 

http://www.afpbb.com/article/1405100
小型化・ステルス化で乗り切ると言うが
全ての衛星が小型化出来るのかだが
ステルス性を高めれば大型でも
問題は無いのかも知れぬが


> だが防衛情報センター(Center for Def
>ense Information、CDI)のTheresa Hitch
>ens氏は、「中国の衛星破壊兵器を攻撃す
>るミサイル防衛システムを、宇宙に配備す
>る必要があるかといった議論になれば、必
>ずしも意見の一致を見るとは思えない」と
>述べている。

ステルスが役に立たなければ
迎撃と言う方向に成る訳だろうか

松坂、次回は「ボコボコにされてもいい」 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070310-00000014-nks_fl-base
まあストライクゾーンの確認や
どう言う球が打たれて
何処迄飛ぶかと言うのを
テストする必要は有るのかも知れぬが
敵相手にやって打たれると
舐められるかも知れぬし
紅白戦等でテストした方が
良いかも知れぬが

イラン・シリアに頭を下げている様では米の覇権も終わるのかどうかだが 

まあイランは其れでも
核問題で攻撃は恐らくするだろうが
米もベビーブーマー退職後の
医療費高騰
(米の医者は日欧と異なり安い給料では
 働かない訳だろうか)で
衰退と言う意見も有るだろうが
遺伝子技術やサイボーグ技術等で
老化を止める可能性も有るだろうが
此れは後20年は掛かるかも知れぬし
医療危機は2010にも来ると言う
予測が有るだろうが
イラン攻撃後の混乱と
医療費高騰で米は衰退し
中国もイラン攻撃時のホルムズ海峡封鎖でアウトかも知れぬし
英国がインドを利用して世界を支配すると言う
可能性も有る訳だろうが
此れも長続きするのかだろうし
彼等も能力は高いだろうが
文化的に新しい物は有るのかだろうし
能力が一番高い物が勝つとは限らず
能力等も飽く迄現時点での能力だろうから
ネオテニー文化の有る日本が矢張り
最後に残ると言う事は無いのかだが