FC2ブログ

Category

2007.03

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

西川善司の3Dゲームファンのための「ソニー“Game3.0”」講座 

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070309/gdc_s.htm
HOMEの内部を動いて
見付かったゲームを直接
ダウンロードして
プレーすると言う事も
出来ると言う事かも知れぬが
オンラインのスポーツゲームを
HOME内部でやったり
此れを観戦する等と言う事も
出来るのだろうか


或いは現実のスポーツの動画を配信して
此れをHOME内部のスタジアムや
スポーツバーの様な物で
観戦と言う様な
事も出来る訳だろうか
(HOME内自宅のTVで此れを
 見る事も可能とすれば良いかも
 知れぬし
 映画やTV番組
 オンラインスポーツゲームの
 中継等も
 見られる様にすれば良いだろうか)


HOME内部で何れ
乗り物等の運転も
出来る様に成るのか
どうかだが

GAME内部のキャラクタの格好で
HOME内部を動けると言う様な
方向も良いかも知れぬし
オンラインゲーム内部から
直接HOMEにキャラクタが
移動出来ると言う様な方向でも
良いだろうし
其の逆も出来れば良いだろうか


現実の地球の3D空間にも
移動可能とし
其処に家を設ける事も
可能とすれば良いだろうが
(地図に関連付けられた情報や
 HPサイトへのアクセスも
 可能とすれば良いだろうか)
同じ場所の取り合いと成る可能性は
有るだろうし
複数3Dの地球を
用意すると言う方向も有るだろうが
場所の取り合いは恐らく続くだろうから
金でやりとり出来る様にすると言う
方向も有るだろうが
金が絡むとトラブルが起きるかも知れぬし
くじ引き等で
使用権を得ると言う様な
方向も有るだろうか

3D空間のスタジアムに行けば
現実に其処で行われて居る
試合の動画が見られると言う方向で
良いだろうか

パイロットは年老いても技量は落ちない、スタンフォード大学が研究結果を発表 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200703071325&ref=rss
まあ健康面の問題と言うのが
出て来る可能性は有る訳だろうか

次世代有人宇宙船開発、ロシアとアメリカに見る対照的な設計思想 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200703091436&ref=rss
ロシアの方がコストは兎も角
安全性は高いと言う事は無いのかだが


>安全性が高いと見られているソユーズ宇宙
>船に関してもこれまでに何度か、再突入に
>失敗して飛行士が死亡するなどの事故を起
>こしている。

此れは最近は起きたのか
どうかだが
宇宙ステーションからの帰還時には
事故は無い訳なら
最近10年程は事故は恐らく
無い訳だろうか

フランクフルト高原直泰、リーグ戦二桁得点達成!公式戦4戦連発! 

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1173475180/
PKを除外したら
得点王だと言う意見も有るだろうが
どうなのだろうか
(PK込みでも
 得点王の可能性も0では無いだろうし
 残り試合全てで1点以上
 入れればだろうか) 

米イラン攻撃前に軍の反乱が起きる可能性は 

大統領選直前に
イラン攻撃なら共和党が
恐らく勝つだろうが
其の前に軍が反乱を起こせば
イラン攻撃も不能だろうし
イラク情勢悪化や
ワタダ裁判の影響で軍が反乱を起こす危険は
有る訳だろうが
前書いた様に
反乱を防止する為
共和党がテロを起こす可能性も有る訳だろうか


まあしかし軍の反乱が起きて
大統領選迄にイラン攻撃が出来ず
民主党候補が大統領に成っても
イスラエルをユダヤ=民主党が
見捨てるのかだろうし
結局テロを起こす等して
イラン攻撃を軍にさせると言う事に
成る訳だろうか


まあしかし共和党も
軍が反乱を起こす前にテロを起こすと
自作自演と見られる危険は有るだろうし
特にワタダ裁判前にテロは無いだろうが
軍が反乱を起こした後なら
テロを起こしても
イスラム勢力が軍が弱体化している時を
狙ってテロを起こしたと言う
説明も成り立つかも知れぬし
一旦反乱を起こさせた後で
テロを起こすと言う可能性も有るかも知れぬし
或いは軍が反乱を起こした後
米国の力の空白を突いて
ロシアが中国に侵攻すると言う
可能性も有るだろうし
ロシアを脅威として軍・国民を
纏める可能性も
有る訳だろうか
(この場合はイラン攻撃が無く共
 共和党が大統領選に勝てる可能性は有るだろうか)


大統領選迄に軍の反乱が起きなければ
大統領選直前にイランを攻撃して
共和党の勝ち
軍の反乱が起きてもテロを起こして
軍・国民を纏めるか
ロシアが中国に侵攻すれば
同様に軍・国民を纏められ
共和党の勝ちと言う事かも知れぬが
反乱後のテロが共和党の自作自演と
見做されれば
民主が勝つかも知れぬし
テロを起こさぬ場合でも
軍反乱時に
ロシアが中国に侵攻しなければ
軍の反乱は収まらず
民主が勝つ訳だろうか



まあワタダ無罪なら軍の反乱は無く
恐らくワタダは無罪と成るだろうから
イラン攻撃が北京五輪前にも行われ
ホルムズ海峡封鎖で
石油備蓄の無い中国のバブルは崩壊し
其の混乱を突いて
ロシアが中国に攻め込むか
其の逆に成ると言う様な方向に成り
そうした混乱やイラン攻撃の影響で
共和党ジュリアーニが
大統領に成ると言う事かも
知れぬが

米雇用統計も景気拡大を示唆する内容だったのかどうかだが 

まあ雇用統計の数字が
予想より良かったにしても
景気拡大の節目である
15万人を割っている事には
変わりは無い訳だろうから
後でこの影響が出て来ると言う
可能性も有る訳だろうし
住宅ローンの焦げ付きや
住宅関連の雇用減少と言う事は
続いて居る訳だろうが
英国の住宅バブル崩壊は
米と異なり半年程度で終わったのは
ロシアやオイルマネーが有るからなのか
どうかだが
(まあ矢張り国の規模が小さい割りに
 金が入ると言う
 事かも知れぬし
 旧植民地からの金も多い訳だろうか)