FC2ブログ

Category

2006.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

来年米経済好調を確認後にユーロが暴落する可能性は 

果たして1月日銀利上げでユーロ暴落と言う状況に
成るのかどうかだが
米経済が住宅販売増等で
可也持ち直していると言うなら
此れと独の増税に拠るユーロ経済低迷を切っ掛けにして
ユーロが暴落すると言う可能性も有るだろうし
更に2-3月に出る
日本の10-12月GDP等を見て
ユーロが下がると言う可能性も有る訳だろうか


中国もユーロからの資金引き上げ等で
住宅・投資バブル等を崩壊させられ
ロシア・イラン・ベネズエラ等も
欧中のバブル崩壊に拠る
石油安で打撃を受け
北朝鮮も中国が崩壊すれば
アウトと言う事だろうか
(米に輸出する為の拠点は
 ベトナムやインド等に
 完全にシフトする準備は
 既に出来て居ると言うなら
 バブルを崩壊させても問題は
 無い訳だろうか)

人間の冷凍保存の方法に関しては 

細胞一個なら現在の技術でも
安全な冷凍・解凍は可能な訳だろうし
自己の意識のエヴァネッセント場が
存在する
マイクロチューブの有る細胞1個を取り出して
此れが冷凍出来れば良い訳だろうが
此れを上手く見付ける方法は有るのかどうかだが
ペンローズも人間の意識が
細胞のマイクロチューブ内の
エヴァネッセント場で有る事を証明する
実験をすると言うから
何処に自分の意識が保存されて居る細胞が
有るかは分かるかも知れぬし
此れが分かれば上手く切り離して
冷凍する事も可能かも
知れぬが
人工臓器や人工血液等で
延命出来る状態なら
冬眠技術を使う方が簡単かも知れぬが

オリーブ油、がん予防に有効か 少量で細胞の酸化抑制 

http://www.asahi.com/life/update/1227/016.html
此れは矢張りオレイン酸の効能なのか
どうかだが
同じコストならカテキン等の方が更に
抗酸化作用が有ると言う事は
無いのかどうかだが