FC2ブログ

Category

2006.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

興毅、鬼塚流減量法でランダエタぶっ倒す! 

http://www.sanspo.com/fight/top/f200612/f2006121600.html
>徐々に体重を落とした影響で胃袋が小さくなり、試合当日
>には52キロまで戻すはずが51キロちょっとしかなら
>ず、パワーを回復できなかった。

とは言え

>日本人や欧州選手は、期間をかけて計画的に減量するタイ
>プが多く、計量オーバーなどのミスを犯すことはあまりな
>い。これに対し、東南アジアや中南米の選手は、直前にな
>って急激に落とすケースがほとんど。計量オーバーの危険
>性も高く、最近国内で行われた世界戦でも、体重オーバー
>による失格や、一度で計量をパスしなかったのはタイ、メ
>キシコ、ベネズエラなどの選手だった。

欧州の選手は徐々に調整すると言う
方向にしている様だが
亀田は体重オーバーと言う事に成る可能性は
無いのかだが
短時間でも5kg程度減らす事は
運動で容易に可能かも知れぬし
中南米の選手等は余程体重を
オーバーして居たと言う事かも知れぬが
筋肉を増やすと体重が減り難く成ると言う
可能性も有るかも知れぬが
筋肉も一応エネルギーとして
使用される訳だろうし
筋肉は落ちず共脂肪と水分を出せば可也体重は
落とせると言う事かも知れぬが

イスラエル国防次官「イランに対して、単独の先制攻撃も辞さず」 

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1166185558/
>スネ次官は、イランが今後数カ月で、外部の支援を得ずに
>核兵器製造につながる
>ウラン濃縮技術を獲得する「手遅れの状態」に達する可能
>性があると強い危機感
>を表明した。

来年イスラエルがイランを単独攻撃して
米軍が湾岸諸国に駐留する口実を得ると言う
可能性も有る訳だろうか


戦車は兎も角ストライカーと比べたら
爆弾に対する防御力は有るのかだが
カプセル部の装甲を分厚くして更に防御力を増す事も
可能な訳だろうか

世界が中国から手を引くワケ 

http://nvc.nikkeibp.co.jp/free/COLUMN/20061215/107594/
>ハーバード大学のトーマス・ラウスキー教授は、1990年代
>末からの中国のGDPに関しては、技術的問題を超えた誇
>張が含まれており、統計数値に矛盾があるため、「7.9%
>の成長率としているが、実際は3%から4%程度にすぎな
>い」としています(大橋英夫著『現代中国経済論』(岩波
>書店)。それほど大きな成長をしているわけではないの
>で、景気失速の可能性は低いということでしょう。

>次回、この「崩壊の引き金」となる諸問題について、議論
>してみたいと思います。

此れは一体
何なのかだが
ユーロ暴落が引き金に成る可能性は
無いのかだが
インドに日本の手等でインフラが整備され
投資がシフトすると言うのも
一因に成るのだろうか

史上最強の装甲車「ウルトラ装甲警戒自動車」 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200612140139
此れは乗員は外に出ず
リモコン機銃を操作すると言う
方向かも知れぬが
戦車を破壊する様な爆発には
耐えられるのかだろうし
RPGにも耐えられるのかだが

仏大統領選、一気に浮上した人気TV司会者…好感度は87%! 

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1166190368/
此れで右派が勝つと言う事は
有るかも知れぬが
環境保護派と言う事は
反米なのかどうかだが