FC2ブログ

Category

2006.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

視界ゼロでも着陸が可能なヘリコプター、中東での着陸事故急増を受けて米軍が開発 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200610261336&ref=rss
>ヘリコプターが地表に接近して砂を巻き上げる前に高度50
>メートル、着陸地点から200メートル前後離れた上空から1
>100万ピクセルの高解像度赤外線デジタルカメラによりGPS
>による方位位置情報といっしょに着陸地点一帯の画像を撮
>影。この画像は内部の画像処理システムにより方位位置情
>報を元に3次元マッピング化される。後は事前に撮影され
>たこの画像を元にパイロットの操作により360度あらゆる
>方角の風景を再現することが可能になるとしている。画像
>は上下、左右などの方向だけでなくズーム、パンなどの操
>作も可能となりパイロットがヘリコプターを着陸させる際
>に必要となる視覚情報を再現することができるようになっ
>ているという。

レスキュー用等にも此れは
使えるのかどうかだが

ケンブリッジ大とMIT、共同で次世代旅客機を開発へ・プリウス並の燃費効率を目指す 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200611081428&ref=rss
未来の旅客機は基本的に
この様な形状に成るのかだが
ラムジェット等を装備した高速タイプの物も別に
出来る訳だろうか

米空軍が「ジェットモグラ」型兵器を開発、敵の地下秘密基地まで潜って攻撃 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200611171932
>米ジェネラルダイナミックス社では強固な岩盤でない限り、ほぼどのような土壌
>であってもWORMは進むことが可能とのべている。

此れはコンクリートは貫けるのか
どうかだろうし
地下要塞がコンクリートで覆われていたら
意味の無い物かも知れぬが
同じ場所で爆発して少しずつ穴を開けると言うのは
出来るのかどうかだが
其処迄の精度は無いかも知れぬが

ボーイング社、米空軍第8特殊部隊にティルトローター型垂直離着陸機「CV-22 オプスレイ」を納品 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200611201404&ref=rss
此れも1機100億迄高騰しては
特殊部隊や海兵隊専用の装備に
成る訳だろうか
(まあしかしヘリを数揃えた方が良いと言う事は
 無いのかだが)


>今後、米空軍ではティルトローター機の利点を活かして特
>殊作戦での急襲用にこの機体を利用する意向だ。

輸送機の方が高速だろうし
果たして必要な物なのか
どうかだろうし
不具合と言うのも実際完全に改修されたのか
どうかだが

紀元1世紀に既にナノチューブテクノロジーが存在、雑誌ネイチャーに論文が掲載 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200611201433&ref=rss
ナノテクを意図して用いたのでは無く
錆を抑える為に結果的にチューブの様な結晶が
必要だったと言う事では
無いのかだが

米軍のF-117A「ナイトホーク」戦闘機が現役引退、1982年から約25年間に渡って活躍 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200611201521
もう退役とは驚いたし
F22以上のステルス性は有るなら
未だ生産して使えないのかどうかだが
コストの割には使えないと言う
事なのだろうか
(まあしかし後に生産された機体は
 老朽化しているのかだろうし
 未だ使えないのかどうかだが)

中国、初の実用放送通信衛星「Sinosat-2」の運用を断念・打ち上げ10日で電波が途絶 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200611221955&ref=rss
此れは米の仕業かも知れぬが
ガリレオ計画等に対しても妨害は有るのかだが
ユーロや元が暴落すれば計画自体が
頓挫するかも知れぬが

来年4月三角合併解禁迄に欧中のバブルが崩壊する可能性は 

来年4月三角合併解禁前に
ユーロだけでは無く中国も
日本企業買収防止の為に叩かれると言う
可能性は有るかも知れぬが
(ロシアも最近欧米企業を
 多数買収しているから
 ユーロ・元暴落に等拠る石油安で
 叩かれる可能性も有るだろうか)
米は矢張り松坂登板や
シーパワー連合の一員と言う事も有り
当面は存続と言う事なのだろうか
(メガバンクを三角合併で米に売り渡すと言う
 情報も有るが
 米衰退後に
 英連邦のネットワークを日本が使うとすれば
 米では無く英の可能性も
 有るかも知れぬが)

中村がセルティックを決勝トーナメントへ導く=欧州CL 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061122-00000022-spnavi-spo
30m等のFKが決まったのはボールの反発力強化と言う
事も有るのかも知れぬが

セルティックが90分にPKを取られたのは
中村を85分に下げた影響と言うのは
無いのかだろうし
矢張りMANUは引いて守り切れる相手では無い訳だろうか


中村もピルロより守備力は無いのかだろうし
ビッグクラブのボランチで使えないのかどうかだが
FKは兎も角レジスタ能力に問題が
有るのだろうか



http://www.sanspo.com/mlb/top/mt200611/mt2006112300.html
>定位置の右MFではなく今季初となる左サイドMFを任され、ポルトガル代表MFのC・ロナウドとマッチアップ。それを嫌ったロナウドが後半から左サイドに移ると俊輔も対面に移る。最後はロナウドが再び逆サイドへ。

ロナウドを守備しようと考えたのか
或いはロナウドの裏を取ろうとしたのかだが
前者の扱いだとすれば
中村の守備力を考えれば戦術的に問題と言う事は
無いのかだが


http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/football/1164204708/l50
>ベンフィカ戦の実績もあるし守備をさせたと考えるのが妥当かな
>ただ後半右に移ったのは機能しなかったから本来の位置に戻しただけと思う

後半は中村が右に移動したロナウドに付いたのでは無く
ロナウドが中村の守備が弱いので
右に付いて来たと言う
事なのだろうか

反町ジャパン7戦無敗/親善試合 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061122-00000035-nks-socc
相変わらずサイドから中央へのクロスが多いし
サイドから逆サイドへのクロスが無い訳だろうし
サイドから逆サイドへのクロスと言うのは
サイドから中央へのクロスより
低精度でも繋がるかも知れぬが


>サイドから逆サイドへのクロスが無い訳だろうし

U-21韓国戦では此れは
一本も無かったと言う事は
無いのかだろうし
如何にプレイヤーの視野や戦術の幅が狭いかと言う事かも
知れぬが



http://atpaint.jp/boukenkyuusha2/potiboard.php?res=22
上より下の様なクロスの方が
通る確立は高いと言う
事かも知れぬし
精度も必要は無いかも知れぬが



http://atpaint.jp/boukenkyuusha2/potiboard.php?res=23
上の様な場合でも
中央二列目より
逆サイドにクロスを出した方が
点に繋がると言う事は無いのかだが