FC2ブログ

Category

2006.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

城島のリードと言うのは結局どう成ったのかだが・他 

http://rtl.seesaa.net/article/27381512.html
>日本の投手は決め球に「相手の弱点」を突こうとするが
>米国の投手は「自分の1番良い球」を選択するそうです。

等と有るが
城島も日米の良い所を融合させたと言うから
相手の弱いコースに
投手が投げたい球種を投げると言う
方向にでもしたのだろうか


相手の弱いコースに苦手な球種を
出来れば放れればだろうが
打者の苦手な球種がPの得意な球では無い場合
甘く成るリスクも有る訳だろうし
苦手な球でも他の球より打たれる危険は
有る訳だろうから
合理的と言えば言えなくも
無い訳だろうか


特定のコースに特定の球種が
投げられないと言う様な事も
有るかも知れぬし
其の様な場合は
球種を変更するか
或いはコースを変更する等して
其のPが投げられる中で
一番打たれないと思う球種・コースを
選択すると言う方向だろうか



台湾ラニューの監督も
好投していたPを未だ放れる状態で
交代して負けたと言う事かも知れぬし
予選でも同様の采配で負けた訳だろうか

世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略 VOL127 

http://www.teamrenzan.com/archives/writer/edajima/vol127.html
>世界最大の石油輸入国であるアメリカが対外収支と財政収支の双子の赤字を抱え
>ながらも、安定的に石油を確保できていたのは、石油取引の通貨がドル建てだか
>らだ。もし、OPEC諸国の多くがユーロへシフトした場合、アメリカ経済の破
>滅、すなわちアメリカ帝国終焉は決定的だ。OPEC加盟国ではカタールが4月に
>外貨準備の一部をドルからユーロに切り替えたと発表した。クウェート、アラブ
>首長国連邦(UAE)の中央銀行首脳も外貨準備のうちドルの比率下げを検討す
>ると警告している。

この侭ではイラクに駐留しても
ドル影響力は低下の一途だろうが
イラクの石油だけでも確保すると言う
事なのだろうか
(此れで足りねばシリア・イラン等も
 攻撃と言う事に成るのだろうか)


>征服戦争においても、即座にモンゴルに降参した国は被害を受けないが、抵抗す
>れば占領後三日間、略奪を受けた。反乱都市の場合は、そのあとで大殺戮も行な
>った。全市民を着の身着のままで市街に出して略奪、そのあと民家に火を付け、
>洪水を起こして街を水没させ、兵士であるか否かを問わず一人残らず殺戮した。
>その話が伝わると、反乱を起こす者はいなくなり、少数でも統治が可能になっ
>た。つまり、この地域の安定支配には、大量報復による、根絶やしが必要という
>ことだ。
>よって、現在の状況はむしろ、私の予測通りといえる。歴史的に見ても、異文明
>間、異宗教間の戦争とは、妥協の余地のない「殲滅戦」なのだ。日本国内での戦
>争でこの「殲滅戦」が行われたのは、宗教戦争である、一向一揆VS織田信長が
>有名だ。欧州においても、新教と旧教の間の30年戦争がある。

まあ現代でこの様な真似は
出来無い以上
占領は泥沼化する訳だろうか


>このように考えると、アメリカにとってのイラク戦争は、中東全域の平定まで、
>さらには、ドル基軸通貨体制の維持が可能となるまで、終結しないことになる。
>もし、イラクから撤退することがあれば、それは、旧ソ連がアフガンから撤退し
>たのと同様に、「帝国の終焉」を意味する。

チェイニー等の多極主義者は此れを
狙っていると言う事だろうが
此れを行っても米の文化は果たして
守れるのかどうかだが


> ここまで読んでこられた、賢明な読者諸兄はお気づきになられたであろう。そ
>れは、「イラク戦争が、ユーロからドル機軸体制防衛のため行われたのであれ
>ば、ユーロを崩壊させれば済む話ではないか」ということだ。

>アメリカには、まだ、切り札が残されている。それは、「NATO解体」だ。E
>Uが基軸通貨の点で、どうしてもドルと覇権を争う気なら、在欧米軍を全面撤退
>させ、ロシアやイスラムの蹂躙にまかせるのだ。これをやっただけで、ユーロの
>価値は暴落するだろう。また、ネオ・コンサーバティヴのグループは、ドルを脅
>かすユーロの脅威に対抗して欧州からの米軍撤退を強く主張している。

まあしかしロシアやイスラムが支配しても
問題が出るかも知れぬし
米撤退は無く共
来年一月のブルガリア・ルーマニアEU加盟後に
ハンガリー等の動乱を拡大させる等すれば
ユーロは暴落するかも知れぬが


>EU、中でも東欧には、軍事力も経済力も無い。いわば、不良債権を大量に抱え
>こませる手口だ。

まあ只直ぐに崩壊させられるのか
どうかと言う事は有るかも知れぬが


>このように考えると、民主党の勝利によって、短期的にイラク政策が変化するこ
>とはないが、長期的には、米欧の基軸通貨を巡る争いの激化から、米欧は分裂
>し、EUは崩壊していくだろう。

米よりEU崩壊が先と言う
事なのだろうか


>イラク戦争の敗戦により、アメリカの中東地域での影響力が限りなく低下してい
>る今日、日本と世界を救うには、この戦略しかない。日本政府の意を汲んで、チ
>ーム連山が取り組む中東アクエリアス化は、その、嚆矢であり、希望となる可能
>性を秘めている。プロジェクトの推移は随時、チーム連山のサイト
http://www.teamrenzan.com/archives/company/post_1.html

>で公開されるだろう。アメリカ幕府の衰退という、世界史上の転換点において、
>正しく日本を導くのは、このサイトの他には無い。

政府の意を汲んでいるとは驚いたが
当面は原発で水素を生産と言う事に
成るのだろうか


>このようなアメリカに未来があるのだろうか?長期的に考えると、シオニストに
>主導され、イスラエルと石油資本の利益のために対テロ戦を継続するアメリカに
>未来はなく、いずれゆれ戻しからモンロー主義に傾き、世界から退場していくと
>予測する。むしろ、モンロー主義こそが、アメリカの真の保守派の意見であり、
>既にその兆候は出ている。規制を大幅に強化しだしたアメリカは世界の人と資本
>に背を向けだしたのだ。アメリカが自由の国だとういうのは既に幻想だ。経済の
>空洞化とユーラシアハートランドへの侵攻が、アメリカを閉鎖的ランドパワーに
>変えたとみるべきだ。

此れでは例の環太平洋連合に米は
加わるのかどうかだが
加わっても発言力は可也
限定されるという事なのだろうか

米中間選挙後に世界は混乱する? 

http://tanakanews.com/g1107america.htm
>ラムズフェルドは、巨額の予算を使って米軍をハイテク化する「米軍再編」を強
>く推進し、911以来急増した国防予算の多くをハイテク化の開発費に使いす
>ぎ、その反動で、イラクに駐留する兵士は、防弾チョッキや装甲車の防弾装備す
>ら足りない状態が続いている。米軍兵士の家族やOBの中には、ラムズフェルド
>を憎んでいる人が多い。

> ラムズフェルドが辞めたら、軍の予算はハイテク化関連が減り、歩兵の関連費
>が増えるだろうが、歩兵の待遇が改善されるとは限らない。ラムズフェルドの辞
>任は、以前からネオコンが要求してきたことでもある。ネオコンは、ラムズフェ
>ルドが辞めて歩兵関連予算が増えたら、歩兵の全体数を増員して、イラクとアフ
>ガンだけでなくイランやシリアなどにも米地上軍を侵攻させ、政権転覆作戦を拡
>大したいと考えてきた。ネオコンの息のかかった人が次の国防長官になったら、
>米軍兵士はもっと酷使されるかもしれない。(関連記事)

ラムズフェルドが辞めたのは
イラク政策転換の為では無く
更成る戦線拡大の為なのだろうか

チェイニー等が多極化を目論んでいると言うが
彼等はグローバリズムを捨てて
米の地方や南部等の古い文化を守ろうとして
居るのかどうかだが
チェイニー派等が大統領選で勝てば
日本も核武装せざる負えぬと言う
事だろうし
保護主義の民主党が勝っても何れ同様の事に
成るかも知れぬが
まあしかし
共和党大統領候補もジュリアーニが
孤立主義を望んで居るのかだろうが
チェイニーが予備選で勝てば
彼等が孤立主義を目指す可能性は
有る訳だろうか
(現時点ではチェイニーが一番
 大統領選で立候補する可能性が
 高いと言う事だっただろうし
 ヒラリーに対しても若干優勢なら
 チェイニーが勝ち米は孤立主義に
 進む可能性が高いと言う事かも
 知れぬが)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%BC
>妻のリン・チェイニーが以前から歌手のエミネムを攻撃していたことから、近年はエミネムがチェイニーの妻と共にディック・チェイニーを非難する曲を発表している。

チェイニーも矢張り米の古い文化を守る為に
米一極体制を解体し
グローバリズムも止めると言う
可能性も有るのだろうか

第二次大戦前の孤立主義の米に
政治も文化も戻そうと言うのが
チェイニーの考えであるかも知れぬし
孤立主義を捨てたのはユダヤ或いは
共産主義者に利用された
民主党政権である訳だろうが

チェイニーが勝てば米のユダヤ排除と言う事に
成るかも知れぬし
江田島氏の言う様に
ユダヤが日本に移動すると言う
事なのだろうか


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%B3
チェイニーでは無くマケインが
共和党の大統領候補は一番
有力の様だが
マケインは孤立主義では無い様だが
チェイニー等の多極主義者はどう考えるのか
どうかだが
無謀な戦争をマケインに仕掛けさせた後
孤立主義にさせるとすれば
確かにマケインは多極主義者に取り有用と言う事かも
知れぬが


>自身の抑留経験もあり、キューバ・グアンタモ基地の収容所などを強く批判、待
>遇基準を定める修正案などを提案。 特に人権問題には強い関心を抱いており、ブ
>ッシュ大統領の「自由と民主主義の価値観を世界に広める」「全ての圧制の打
>倒」を熱烈に支持している。

まあシリアやイラン・北朝鮮を攻撃するには
確かに打って付けの人材だろうし
此れを多極主義者が利用すると言う
事なのだろうか
(ラムズフェルド更迭も戦線縮小の為では無く
 拡大の為である訳だろうか)


>ラムズフェルドの辞
>任は、以前からネオコンが要求してきたことでもある。ネオコンは、ラムズフェ
>ルドが辞めて歩兵関連予算が増えたら、歩兵の全体数を増員して、イラクとアフ
>ガンだけでなくイランやシリアなどにも米地上軍を侵攻させ、政権転覆作戦を拡
>大したいと考えてきた。ネオコンの息のかかった人が次の国防長官になったら、
>米軍兵士はもっと酷使されるかもしれない。(関連記事)

まあ此れはマケインが彼の言う所の
専制国家と戦う為の物であると言う事かも知れぬが
チェイニー等の孤立主義者の暗躍等に拠り
米は負ける運命なのだろうか


>ジョン・シドニー・マケイン3世(John Sidney McCain III, 1936年8月29日 - )
>はアメリカの政治家。パナマ生まれ。

チェイニー(1941生)より
マケインの方が
高齢とは知らなかったが
後10年大統領の任期切れ迄やれるのか
どうかだが