FC2ブログ

Category

2006.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

JR東日本、信号制御にIP技術 世界初、管理コスト削減 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061108-00000003-san-bus_all
此れは光IP電話で起きた様な
トラブルは起きないのかだろうし
ウイルス等に弱いと言う事は
無いのかだが

古典的な理想の10番と言うのは 

古典的な理想の10番と言うのは
どの様な選手なのかだが
パス>シュート>ドリブルと言う様な感じの
選手であり
パスが一番上手いが
自分で飛び込んでシュートも打てると言う
所かも知れぬが
ドリブルは割りに得意では無く
(とは言えPA付近では兎も角
 中盤で突破出来る程度の
 ドリブル能力は
 欲しい訳だろうか)
自分のパス等で作ったスペースに飛び込んで
シュートを決める事が多い
類の選手と言う事かも知れぬが


中村は
パス>ドリブル>シュートと言う様な
感じかも知れぬし
メッシは
ドリブル>シュート>パスと言う様な
選手だろうが
デコ等はパスやドリブルは良いのかだが
ロナウジーニョは
パス・ドリブル・シュートは皆
同程度に得意だろうか


ピルロは
パス>シュート>ドリブルと言う様な
選手かも知れぬが
割りに後ろでプレーする選手である
訳だろうし
この手の選手で前線でプレーしている選手と言うのは
現代サッカーでは居るのかだが

小野も
パス>シュート>ドリブルと言う
選手かも知れぬが
現代サッカーの選手としては運度量が小さいと言う
事だろうか


中田は
キープ力>ドリブル>パス>シュートと言う様な
選手であり
古典的な10番では無いと言う
事だろうが


現代サッカーでは
古典的な10番の様な選手を前に置いた場合
キラーパスやミドルを恐れて
マークが中盤から厳しく成ると言う事は
有る訳だろうし
ドリブル突破もスペースに抜けてのシュートも
困難と成るかも知れぬし
ピルロの様に後方に置いてパス能力のみを増やすと言う様な
方向しか
無いと言う事かも知れぬが
其れでも偶に出来るスペースに上がって
ミドルを打つと言う事は
W杯のドイツ戦を見れば
有効と言う事かも知れぬが
最初から前線に居たら
マークは厳しく成り
スペースは出来るのかどうかだが
(日本のブラジル戦でも
 ロナウジーニョのマークを前線で外した途端
 キラーパスが出てやられた訳だろうし
 この手の選手を前線に置いても
 仏の様にマークが厳しく成り
 パスも出せないと言う様な状況に
 陥る可能性も有るだろうが
 この手の選手が2人居れば同時にマークし続けると言う事は
 可能なのかだが)