FC2ブログ

Category

2006.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

ネアンデルタール人、通説より6000年長く生存か ジブラルタルの洞穴で生活・他 

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1158199879/
ネアンデルタール人の混血人と言うのが
居たとしても
ネアンデルタール人の居住地が欧州・中東と言う事なら
白人だけなのかどうかだが
コーカソイドはネアンデルタール人の混血と言うなら
白人から変化したモンゴロイドも
ネアンデルタール人の混血であり
黒人以外はネアンデルタール人の混血なのかだが
モンゴロイドは白人とは別に生じたと言う意見も有るだろうし
この場合はモンゴロイドはネアンデルタール人の
混血では無い訳だろうか


http://www.nch.go.jp/genetics/gene04/neandg01.htm
>ヨーロッパ人祖先の混血の相手としてネアンデルタール人をあげ、アフリカヨルバ人祖
>先の混血相手は不明としているが、いずれにせよ、現生人類の遺伝子プールの5%程度は
>単一起源以外、つまり、原人レベルで分岐し各地に移住した旧人のゲノムに由来してい
>ると提唱した。

アフリカ人も旧人との混血可能性が有る様だが
モンゴロイドはどうなのだろうか


>民族や集団の遺伝的な差(多様性)に関するデータが蓄積していくと、ヒトの集団(あ
>るいは個人)間の遺伝的な相違は大きいことが次第に認識されてきた。果たして、アフ
>リカ単一起源説だけで現代のヒトの起源を説明できるのだろうか、という疑問が生じて
>きた。

モンゴロイドは白人や黒人とは別の集団から発生したと言う
可能性も未だ有る訳だろうか


>PlagnolとWallも指摘しているように、彼らの結論は現生人類の2群比較に基づく推定で>あり、ネアンデルタール人骨のゲノムDNAを直接検討することによって明確にできる。

>マックスプランク研究所の研究者らの意図は直接わからないが、このような研究の流れ
>から、ネアンデルタール人ゲノム解読計画は、ヒトの起源論争に決着をつけるデータが
>得られることを指摘する。

まあ此れが解読されれば
白人がネアンデルタール人の混血か否か
及び人類がアフリカ起源か否かが
分かると言う事なのだろうか


http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz06q3/512737/
宇宙で突然変異した種と言うのは
何処迄安全なのかだろうし
矢張り直接的な遺伝子操作で無ければ
何でも安全と言う事では
無い訳だろうか


http://d.hatena.ne.jp/swan_slab/20060914/p1
動物実験で安全性は確認出来ぬのか
どうかだが


http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1158297848/
エタノール製造用に遺伝子操作した樹木等も
作られるのかも知れぬが
遺伝子操作では無く
品種改良の物でも
環境への影響が出る危険も
有る訳だろうか
(矢張り遺伝子操作の無い品種改良なら安全とは
 現実には言えぬ訳だろうか)



Yahoo!オークション 自動車(終了日時の近い順)




Yahoo!オークション 自動車(入札の多い順)




人気blogランキングへblogranking