FC2ブログ

Category

2006.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

ユーロ高の原因は一体何なのかだが 

単にファンダメンタル差の問題なのか
或いは何か取引でも有るのかだが
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060830-00000001-kiba-spo&kz=spo
ディープインパクトに勝たせる代わりに
日本がユーロを買うと言う様な
取引が有るのかどうかだが
此れで取引が終わるのか
どうかだが
(終わるとすれば
 欧州の利上げ=住宅バブル崩壊後の
 ソフトランディングの為に
 ユーロを買うと言う
 事だろうか)

F1で本田辺りを勝たせるから
ユーロを買えと言う様な
取引も或いは有るのかも知れぬし
(タイヤのブリジストンワンメイク等も
 取引の一部なのかも知れぬが)
アロンソはマクラーレンで勝てるのか
どうかだが
取引終了後に欧米のバブルを
亜細亜に投資をシフトして
崩壊させると言う可能性も
有るのかも知れぬが






Amazon ノートPCランキング





人気blogランキングへblogranking





参考文献:増田俊男




田中宇



サッカー日本代表が出発-アジア杯予選で中東へ・他 

http://www.sanspo.com/sokuho/0831sokuho001.html

http://osaka.yomiuri.co.jp/sp_j_kansai/20060831ks03.htm
最近9試合で8ゴールの
播戸が選ばれて居ないのも
不可解だが
入れ替えに拠る連携面等を考えたのか
(まあしかし新メンバーはMFでは
 可也居るだろうが)
播戸の実力が未だ問題と
考えたのだろうか


http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1156956612/
彼が招集されないのは
どう言う事なのかだが
Jリーグには出て
居ない訳だろうか


http://number.goo.ne.jp/soccer/japan/660/20060831-f1-2.html
ポルトガルがイングランドに勝ったのも事実だし
イタリアも勝った訳だろうから
ミドルを防ぐ為にも
マンツーマンが良いのだろうか
(まあしかし相手が選手を代えてくると
 代わった所を同じ選手で守備する場合は
 体力が保つのかだが
 ドリブルを控えてボール支配率を高くすれば
 体力は消耗しない訳だろうか)


http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060830&a=20060830-00000025-sph-spo
まあ矢張りオランダ人以外ではこんな事は
有るのかだろうし
協会の意向より監督の個人的な恨み等が
サッカーで優先して仕舞って良いのかだが
此れが彼等のプロテスタント主義なのだろうか
(スラブ人のオシムがゲルマン人の自分を差し置いて
 選ばれるとは思わ無かったと言う
 事かも知れぬが)






Amazon ノートPCランキング





人気blogランキングへblogranking







サッカー 戦術



サッカー
サッカー 戦略
サッカー 理論
サッカー 科学
サッカー 技術
サッカー テクニック
サッカー 練習
サッカー トレーニング
サッカー メンタル
サッカー 上達
サッカー 体力
サッカー フィジカル
ドリブル
サッカー シュート
サッカー パス
セットプレー

ヤンキース・王建民がリーグトップに並ぶ16勝目 

http://www.sanspo.com/sokuho/0831sokuho025.html

http://baseballers.fc2web.com/pitching/henka-sinka-.html
シンカーを上手投げでも
投げられるのかだが
変化が小さく成ると言う
可能性も有るのかも知れぬが
速度でカバー出来ると言う
事かも知れぬが
同様の速球系変化球である
ツーシームやカッターに比べて
良いのかどうかだが






Amazon ノートPCランキング





人気blogランキングへblogranking





参考文献:野球 戦略



野球
野球 理論
野球 科学
野球 戦術
野球 技術
野球 テクニック
ピッチング
バッティング
野球 練習
野球 トレーニング
野球 メンタル
野球 上達
野球 体力
野球 フィジカル

「あしがら」と命名され進水 海自6隻目のイージス艦 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/17061/
イージス6隻目も何時の間にか
進水していた様だが
マスト部分がステルスを考えて
改良されて居ると言うが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AF%E7%B4%9A%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6
アーレイバークより可也太いかも知れぬが
アーレイバークの物は強度が不足していると言う様な
情報も有ったかも知れぬが
旗艦能力を持たせたブリッジの高さの差で
マストが高く成ったから
強度を持たせる為に太く成ったと言う
事かも知れぬが


>CIWSファランクスやハープーンを省略したり、また、VLSのクレーンを撤去
>して、積めるミサイル搭載数を増やすなどの対応策がおこなわれている。

こう言う改良は自衛隊のイージスには
無いのかだが
米イージスもCIWSはRAMに取り替えられていたかも知れぬが
艦載のハープーンは矢張り
使う局面は殆ど無い訳だろうか
(ハープーン用のランチャーに巡航ミサイルでも装備すると言う
 方向も有るだろうが
 サイズが違うのだろうか)


>主砲は艦首にMk45を1門装備する。Mk45は5インチ54口径で発射速度は毎分20
>発程度となっている。

対地用の127mmは妙に
発射速度が遅いが


>事実アーレイバーク級の改良型であるこんごう型護衛艦では毎分40発以上発
>射でき対空目標への使用が可能な艦砲を装備しているがその分艦首が延長さ
>れている。

対空用でも毎分40発程度だろうし
ザクマシンガンの様な物が有るとすれば
発射速度は此れより若干速い程度なのだろうか


>また前部のSPG-62は5インチ砲の射撃管制用としても使用される。

と言う事は砲もミサイル迎撃が
可能なのかどうかだが


>また、対潜任務の重要度低下により、曳航式ソナーの装備が廃止され、代わ
>りにバウソナー内に機雷探知用の高周波ソナーが装備された。

自衛隊のイージスには曳航ソナーは
装備されて居るのか
どうかだが


>Mk41VLSはフライトI、フライトIIでは前後VLSのうち3セルづつがミサイル再
>装填用のクレーンを装備するために割かれていたが洋上でのミサイル再装填
>は困難で危険も伴うことから現実的ではないとされ、フライトII Aではクレ
>ーンを廃止し、かわりにセル数を増し前部32セル、後部64セルの計96セルと
>なっている。

洋上でのミサイル装填が困難だっとは
知らなかったが
自衛隊のイージスはクレーンは
外されているのかどうかだが


http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1154529281/901-1000
>フライトⅡaの艦齢が若いのはRAMの代わりにESSMを搭載だったような。
>曳航ソナーは「あたご」は無し、「あしがら」は装備、他のDDGは装備、だ
>っけ。

と言う様な情報も有るし
RAMさえ無い艦艇も米には有る訳だろうが
自衛隊は信頼性等の問題で
ESSMやRAMは装備せず
CIWSを装備すると言う
方向なのだろうか


RAMの射程も可也長かったかも知れぬし
自艦の防御以外にも使えないのか
どうかだが
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/ram.htm
RAMの射程は10km程度有るだろうが
射程の短いRAMの使用は
リスクが有ると考え
SM-2やESSMを増やして
対処しようと考えたのだろうか






Amazon ノートPCランキング





人気blogランキングへblogranking





参考文献:最新兵器



新兵器
ミサイル
ハイテク兵器
ハイテク戦争

五輪招致、米国勢が最大の強敵 …東京よ、理念を語れ 

http://www.sankei.co.jp/news/060831/sha025.htm
まあ矢張り2016では米に勝てるのかだろうし
2020を狙って事前に
知名度向上の為に立候補して置くと言う
方向かも知れぬが
2020もニューデリーに勝てるのか
どうかだが
2016も或いは欧米やBRICSのバブルが
崩壊すれば
東京も無いとは言えぬかも知れぬし
彼等のバブル崩壊を見越して(或いは予定して)
東京が立候補したと言う可能性は
無いのかどうかだが

石原氏が勝算の無い事をするのかだろうし
2016五輪開催地が決定する
2009・10月迄には
欧米やBRICSのバブルが崩壊して
日本に有利に成ると言う可能性も
有るのかも知れぬが
負けを承知で2020招致の地均しとして
立候補したと言う可能性も
有るのだろうか
(まあしかし石原氏がこの様な形でも
 負けを認めるのかどうかだが
 テクノスーパーライナーの例も有るだろうし
 何共言えぬかも知れぬが)






Amazon ノートPCランキング





人気blogランキングへblogranking




参考文献:増田俊男




田中宇