FC2ブログ

Category

2006.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

7月米中古住宅販売は前月比‐4.1%、04年1月以来の低水準 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060824-00000736-reu-bus_all
景気減速が利上げ停止と言う
好材料では無く
悪材料として受け止められ始めたと言う
意見も出て来た様だが
英の経済は住宅バブル崩壊後
持ち直したと言うのが事実なら
米も立ち直れる可能性は
有るのかも知れぬが
日本も政府報告書に有る様に欧米から亜細亜に
投資をシフトするなら
住宅バブル崩壊を口実に
欧米から金を引き上げると言う
可能性も有るだろうし
此れは欧米からの投資撤退は
日本の陰謀で有ると言う様な意見を打ち消す為も
有るかも知れぬが





人気blogランキングへblogranking






参考文献:増田俊男




田中宇



ソニーVAIOノートも炎上 

http://japanese.engadget.com/2006/08/23/vaio-fireworks/
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1156386585/l50
死人が出なければ経営への影響は
限定されるかも知れぬし
パロマのCMの様な物を
早急に全世界に出すしか無いだろうか

金属片の混入と言うのは
事前に確認出来無い様な
物なのかだろうが
今は混入や他のトラブルも
チェック出来る体制に
有るのかどうかだが

まあ矢張り
欧米流のやり方を一番取り入れた
ソニーや日産がどう成ったかと言う事だろうし
松下やトヨタ・ホンダを考えればと言う
事だろうか





人気blogランキングへblogranking

科学技術振興機構(JST)、「失敗知識データベース」の英語版公開 

http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1156341784/
> 同種のデータベースは、海外でも公的な事故調査機関によってつくられている。
>しかし、データ項目が限られていたり「失敗知識データベース」のような「事故の教訓
>」
>がついていないことなどから、海外から「英語版失敗知識データベース」の開発を
>期待する声が寄せられていた。

海外では失敗学と言うのは
何処迄進んで居るのかだが
日本の真似をして同様の物を
作ると言う事は無いのかだが
失敗の教訓や原因と言うのを完全に決定するのは
矢張り可能なのかどうかだが





人気blogランキングへblogranking

牛乳は骨粗鬆症の予防に役立たない  

http://sanpo19.jp/director_general25.htm
>カルシウム摂取量が少ないときにたくさんのタンパク質を摂取することは問題で
>あるが、摂取量が多ければ多く摂っても問題はないというのである。タンパク質
>摂取量が50gであれば1,000mgのカルシウム摂取が必要であり、75g のタンパク質
>には1,500mgのカルシウムが必要というのだ。

まあ最低でも30-40gの蛋白質が必要なら
カルシウムは1000mg程度は欲しいと言う事かも知れぬが
カルシウムが余り必要無いと言う
日本人は少な目で良いのだろうか


動物性蛋白は前書いた様に
骨を溶かし
血中にカルシウムを溶け出させて
神経にダメージを与えると言うし
納豆や蕎麦等で植物性蛋白を40g程度取って
サプリメントや小松菜等で
カルシウムを1000mg補給すると言うのが
良いのだろうか





人気blogランキングへblogranking







参考文献:アンチエイジング



不老
老化
若返

総務省が特定のファイルをネット上から消滅させる技術の開発を計画・他  

http://slashdot.jp/security/06/08/23/0055230.shtml
まあ矢張りスパイが入り込めば
限度も有る訳だろうし
相手の情報を得る事を
重視した方が良いのかも
知れぬが


http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20060802/107390/
主人公が中国系人だから
人気が有るのかどうかだが
民主主義の為に戦っている主人公と言うのは
中国では問題には成らぬのか
どうかだが


http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/news/20060823ddm016040125000c.html
致死率94%等と言うのは
生物兵器の疑いは無いのかだが
先進国が支援して東南アジアの家禽類を全て始末すれば
発生する可能性は可也低く出来
発生したとしても時間を稼げれば技術の進歩で
犠牲は減ると言う事は無いのかだが





人気blogランキングへblogranking






参考文献:増田俊男




田中宇