FC2ブログ

Category

2006.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

早実が初優勝、4連投の斎藤13K…駒苫猛追及ばず 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060821-00000004-yom-spo
王の入院と斉藤が居なければ
早実勝利は無かった訳だろうし
駒大三連覇は未だ可能と言う
事だろうか

1戦目の8回にエラーが無ければ
駒大が勝っていた訳だろうし
10回戦って同じ結果に成る訳では
矢張り無い訳だろうか





人気blogランキングへblogranking






参考文献:野球 戦略



野球
野球 理論
野球 科学
野球 戦術
野球 技術
野球 テクニック
ピッチング
バッティング
野球 練習
野球 トレーニング
野球 メンタル
野球 上達
野球 体力
野球 フィジカル

首相が違法建設に異例の批判=地方の過熱投資に「警告」-中国 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060821-00000041-jij-int
まあしかし地方の暴走と言うのは
余程の事をしないと
止められるのかだろうし
此の侭ではバブル崩壊か
無理にブレーキを掛ける事に成る可能性も
高い訳だろうか





人気blogランキングへblogranking






参考文献:増田俊男




田中宇





343球・両エース譲らず、駒苫VS早実きょう再試合 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060820-00000513-yom-spo
Pの疲労の差を考えれば
早実不利共も思えたが
8回に田中が打たれたのは
フィジカルでは無くメンタル面の
問題なのだろうか

1アウトでも高校野球では
終盤ではバントして来ると言う事かも知れぬが
プロでは有るのかどうかだが
最終回では流石に1アウト1塁でも
バントはし無かった訳だろうし
最終回はチャンスの数を出来るだけ増やそうと
考えた訳だろうか

斉藤は4連投果たしてするのかだが
3連投の田中に比べて矢張り不利は
否めないのかも知れぬが
控えのPのレベルの差は
有るのかどうかだが





人気blogランキングへblogranking






参考文献:野球 戦略



野球
野球 理論
野球 科学
野球 戦術
野球 技術
野球 テクニック
ピッチング
バッティング
野球 練習
野球 トレーニング
野球 メンタル
野球 上達
野球 体力
野球 フィジカル

メルカバMK4も同時に20発のATMで攻撃されたと言うが 

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1155373895/801-900
>ヒズボラはロシアの新型ATM・メチスMを使っていて、しか
>も「一台のメルカヴァに20発以上もの
>ATMで一斉・全方位アタック!」みたいな素敵戦術を行使
>したらしいから、どんな神戦車だろうが
>やられるしかなかったのでは?

ケーブル誘導では妨害も無理だろし
同時に20発放たれては
トロフィーや迎撃レーザー等での防御も
困難だろうが
ヒズボラには一体何発ATMは
有るのだろうか

RPGや対物ライフル防御用の盾でも
持たせたPSの方が
未だ生残性は高いかも知れぬし
無人機なら包囲殲滅されても
問題は無い訳だろうか

http://wiki.livedoor.jp/namacha2/d/9K115-2%A5%E1%A5%C1%A5%B9M%C2%D0%C0%EF%BC%D6%A5%DF%A5%B5%A5%A4%A5%EB%A1%CAAT-13%20Saxhorn%A1%CB
メチスMと言うのは無線誘導のミサイルの様だし
レーザーを検知して即座に反撃と言うのも
困難だろうが
無線の妨害は無理なのだろうか
(まあ妨害可能でもケーブルを使われれば
 無意味だろうが)

メチスMも弾頭5kgで
発射機は10kgと言うのも
どうなのかだろうし
発射機も5kg程度には
軽量化出来無いのかだが


http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/hypams00/infantry2.html
ジャベリンも12kg程度だが
ミランは妙に軽いし
射程も長いが
どう言う構造なのだろうか
(弾頭の威力不足と言うのは
 無いのかだが)

電気装甲でも同時に20発には
対応不能なのかどうかだが
出力次第なのだろうか

上面と正面に重装甲を施せば
ATMは何とか成るのかも知れぬが
ERAが通用しないのであれば
セラミック装甲でも装備するしか無いのかも知れぬが
此れは可也の重量・コストに成る訳だろうし
自衛隊も重量が半分で同等の防御力を持つ
セラミック装甲を開発したと言うから
此れと電気装甲を組み合わせる等すれば
割りに軽量な装甲で
同時多数のミサイルも防げると言う
可能性は有るのかも知れぬが
(有る程度薄いセラミックでHEATを止めて
 電磁装甲の出力が飽和するのを
 避ければ
 同時多数のミサイルも止まる可能性は
 有るだろうが
 KEMが配備されれば無用な装備かも知れぬが
 米もLOSATは開発中止と言うが
 独の砲内発射KEMは
 未だ開発中かも知れぬし
 KEMが2010年代にも配備される可能性は
 有る訳だろうが
 ゲリラが此れを手に入れるには
 2020年代辺りに成る可能性も有るだろうし
 この時点では無人兵器がゲリラ掃討の
 主力には成るかも知れぬが
 ゲリラ側も単純な無人兵器やPSの装備等で
 強化される可能性は有る訳だろうか)


上の様な装甲は施さず共
レーザー誘導・赤外線誘導
無線誘導ミサイルは妨害し
ケーブルはレーザーで破壊すると言う様な
方向は無理なのか
どうかだが
同時に20発では対処困難な可能性も
有るだろうか


装甲で防御するなら
新型軽量セラミック装甲+電気装甲と言う様な
方向が良いのかも知れぬし
電気装甲だけでは現時点では
同時に20発等止められるのかだろうし
セラミックだけでは重過ぎると言う事は
無いのかだが

装甲で防御し無いなら
赤外線・レーザー誘導
無線誘導・ミリ波誘導はデコイ等で妨害
ケーブル誘導はケーブルをレーザーで切ると言う様な
方向も有るだろうか
赤外線・レーザー・ミリ波誘導のミサイルに対しては
妨害困難ならレーザーでセンサー破壊と言う方向も
有るだろうし
無線誘導のミサイルもアンテナを
レーザー等で破壊すると言う方向も有るだろうか
(レーザーで打ち漏らした分はトロフィーの様な物で
 落とすと言う方向も有るだろうか)

トロフィーの様な近距離しか当てられない様な
散弾では無く
オブジェクティブフォースの20mm誘導弾の様な物を
迎撃用に利用は
出来無いのかだが


オブジェクティブフォースの20mm誘導弾では
ミサイルに直撃させる事は
可能なのかだが
近距離で散弾を撒布すると言う事は
出来るかも知れぬし
ケーブルも切れる可能性は
有るだろうか





人気blogランキングへblogranking






参考文献:最新兵器



新兵器
ミサイル
ハイテク兵器
ハイテク戦争