FC2ブログ

Category

2006.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

欧米にも広がるプロセッサ性能至上主義の崩壊 

http://amanoudume.s41.xrea.com/2006/08/post_260.html
技術で定評の有るEA迄もが
WiiやDSへの注力を表明したと言う
事の様だし
任天堂の正しさが証明されたと言う
事かも知れぬが
単純なゲームだけでは矢張り
どうなのかだろうし
技術の使われて居るゲームも
作ると言う事かも知れぬが
少数の売れる物だけに成ると言う
事なのだろうか

まあ単純だが頭を使う・
或いは見たことの無い様な物・
面白いゲームが
主流と成ると言う
事なのだろうか

WiiやDSの様なハードやゲームを
欧米が真似て作ると言う
可能性も有るのかも知れぬが
どうなのだろうか





人気blogランキングへblogranking






参考文献:ビジネスモデル



アイデア
発想
着想
構想
発明
発見
創造
説明
プレゼンテーション
演出
商品 開発
製品 開発
技術 開発
イメージ 戦略
マーケティング

“中田2世”を探せ!オシム監督、実戦練習でMF創造性テスト 

http://www.sanspo.com/soccer/top/st200608/st2006081501.html
>これは、オシム監督が千葉指導時に阿部をこの形で起用して試してきた2バック。イエ
>メン戦は加地と駒野を両サイドに配した4バックが有力かとみられたが、坪井&闘莉王
>+鈴木の浦和勢3人を千葉型2バックにして起用する可能性も出てきた。

阿部も可也ディフェンスをする
変則3バックと言う
事なのかも知れぬし
阿部は上がらずに両サイドを可也上げると言う
事なのだろうか
(まあ両方が同時に上がるか事は
 強豪相手の場合は余り無いかも知れぬが)


http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1155594569/
>ついにDF闘莉王の「飛び出し」が解禁された。最終ラインに入った11対11の実戦練習。

>昨季チームトップの9得点をマークした浦和ではおなじみのプレー。だが、それとは明らかに
違う点があった。

>1度、闘莉王が上がった直後にカウンター攻撃を食らい、
>失点する場面があった。即座にオシム監督以下、反町、大熊の両コーチが集まり、欠点が
修正された。

攻撃のバリエーションもトリニダード戦よりは
可也増えると言う
事なのだろうか


http://www.jsgoal.jp/news/00036000/00036751.html
>指揮官が何を考えているのかよく分かる特徴的な出来事が11対11の練習中にあった。最
>終ラインに入った坪井慶介(浦和)の前にフリースペースがあるのに、彼は守りのこと
>にとらわれて自陣に引いていた。するとオシム監督は「ツボイ、ツボイ」と大きなジェ
>スチャーで上がれと指示。

DFの攻撃参加と言うのも
可也考えて居る訳だろうが
トリニダード戦では未だ連携不足なので
余り無かったと言う
事かも知れぬが


>選手たちはコーチ陣抜きでイエメンのビデオを見たが、自ら相手を分析し準備をしよう
>という機運が非常に高かったという。
>「千葉では、自分たちでビデオを見て当日までに相手を理解するのは当たり前。ピッチ
>に立つのは選手で、監督じゃない。相手の特徴を見極めるのは大切なことだから」と佐
>藤勇人は話す。1週間前のトリニダード・トバゴ戦前のミーティングではオシム監督の
>問いにほとんど応えられなかった日本代表だが、今回は千葉のメンバー中心に自分たち
>の意見を持って指揮官と対峙することができそうだ。

当たり前の事を
やって居ると言うだけなのかも知れぬが
海外のクラブや代表では
どうなのだろうか


相手が慣れて居ない立ち上がりと
集中力の切れる終盤は
確実に攻めるべきだろうが
他の時間帯はあのプレースタイルでは
可也休む必要も
有るかも知れぬが





人気blogランキングへblogranking









サッカー 戦術



サッカー
サッカー 戦略
サッカー 理論
サッカー 科学
サッカー 技術
サッカー テクニック
サッカー 練習
サッカー トレーニング
サッカー メンタル
サッカー 上達
サッカー 体力
サッカー フィジカル
ドリブル
サッカー シュート
サッカー パス
セットプレー

ユーロ圏、4~6月は0.9%の高成長 

http://www.asahi.com/business/update/0814/081.html
欧州も改革に拠って成長したかは
可也怪しいだろうし
W杯効果と言う意見も多い訳だろうが
米も恐らく同様だろうし
基軸通貨としてのドルやユーロが
金を引き付けている事が大きいと言う
事かも知れぬが
此れは日本の投資に基本的には
依存していると言う事だろうし
今の様にバブル期並みに工場が行く前にも
国や銀行等が債券を買っていた訳だろうが
次期政権も亜細亜に投資をシフトさせると明言しているが

http://www.sankei.co.jp/news/sokuhou/sokuhou.html#23:53
>日本の対中投資が31%減。ジェトロ。上半期は2600億円。前年同期に比べ自動車産業の投資が大幅に減少した。

上を見る限り
中国は例外なのかどうかだが
本年の自動車販売台数が可也伸びていて此れなら
来年は可也減速すると見ているのだろうか

亜細亜への投資シフトが
安倍政権発足後どの段階で
起きるのかだろうが
此れを切っ掛けにして
欧米のバブルが崩壊し
輸出減等で中国のバブルも崩壊すると言う
流れなのだろうか





人気blogランキングへblogranking






参考文献:増田俊男




田中宇