FC2ブログ

Category

2006.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

米国のベンチャー企業が全く新しい原理の飛行機を開発中、その名は重力飛行機 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200608111526
ヘリウムガスでは無く
太陽光レーザー等で空気を暖めて
上昇と言う様な方向も有るのかも知れぬが
http://homepage3.nifty.com/creo21/hotair.htm
熱気球では20000m程度が
上昇限度なのだろうか





人気blogランキングへblogranking






参考文献:ビジネスモデル



アイデア
発想
着想
構想
発明
発見
創造
説明
プレゼンテーション
演出
商品 開発
製品 開発
技術 開発
イメージ 戦略
マーケティング

米国の軍事機密のナゾ、最高機密の軍事衛星技術を特許申請して公開・他 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200608090154&ref=rss
>ニューサイエンティスト誌が米空軍研究所が戦闘機に対する空中での武装の再装
>填技術の特許申請を行ったと報じていた。

此れはマクロスか何かで出て来たが
計画中のUAV母機に
空中での武装補給機能が有っただろうし
此れに関する物なのかだが
通常戦闘機にも補給は
出来無いのかだが


http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200607270055&ref=rss
>空中での武器の再装填技術は反米色を強めているヨーロッパ諸国を中心に作戦行
>動に伴う自国内基地の利用を拒絶する例が相次いでいることを受けてのもので、
>大西洋上の空母から飛び立った戦闘機が途中での空中給油を受けて中東地域に到
>達、そこで作戦活動を行い、必要に応じて、空中で再びミサイルなど再武装を行
>うことを可能とするものとなる。

上に詳しく有るが
UAV以外の補給も
考えて居る訳だろうか


>特許申請書には「この拡張シールドを利用することにより、レーダー、レザー、
>可視光線、他の光学機器による探知から防御することが可能になる」と記されて
>いる。

此れは光学機器に拠る探知迄
逃れる事が可能と言うが
一体どう言うシステムを用いて
居るのだろうか





人気blogランキングへblogranking






参考文献:最新兵器



新兵器
ミサイル
ハイテク兵器
ハイテク戦争

米空軍研究所、ソドムとゴモラの「神の火」 実用化に向けた実験に成功 

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200608111252
>このレーザー光のリレー装置は二つの鏡面で構成されており、最初の鏡面を使っ
>てレーザー光を収束させると同時にもう一方の鏡面体に照射、もう一方の鏡面体
>では収束したレーザー光を大気の状態などを考慮に入れて目標に誘導させるとい
>うものとなる(反射望遠鏡の構造に近い)。

一旦拡散するレーザーを
収束させた後で
目標に向けて反射すると言う
形式なのだろうか


>今回、実験を行ったレーザー光のリレー装置を大気の乱れを受け難い高高度を飛
>行する航空機や地球周回軌道上の衛星に設置することでこれまでのレーザー兵器
>では原理的に捕捉が難しかった直線上にない目標物の攻撃も可能としたいとしている。

衛星では無く航空機に鏡を
設置する事も考えて居る訳だろうか


>どうやら、火を天から降り注ぐことでソドムとゴモラを焼き尽くしたとされるよ
>うな旧約聖書で登場する「神の」最終兵器を米国が実用化するのも時間の問題と
>なってきた。

此れの誤作動で街が壊滅する
可能性も有るのかも知れぬが





人気blogランキングへblogranking






参考文献:最新兵器



新兵器
ミサイル
ハイテク兵器
ハイテク戦争

最新鋭兵器でゲリラ攻撃 ヒズボラ、予想外の軍事力 

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006081101002921
>イスラエル軍の死傷者の大半は、イランやシリアがヒズボラに供与したとされる
>誘導型ミサイルが原因。2段階の爆発で破壊力を高めたミサイルも保有し、国境
>地帯でイスラエル軍が誇る最新型「メルカバ4」を含む戦車を次々破壊している。

ATMが死傷者の大半の原因と言うが
此れに対しては通常の装甲強化では凌げないだろうし
電気装甲や迎撃システムが
装備される可能性も有るのかも知れぬが


http://72.14.203.104/search?q=cache:b8Vff7OlTGAJ:www.warbirds.jp/ansqn/ansq03.cgi+%E3%82%A4%E3%82%B9%
E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%80%80%E8%BF%8E%E6%92%83%E3%80%80%E6%88%A6%E8%
BB%8A%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%
BC&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=7

米ストライカーはイスラエル製のトロフィー迎撃システムを
装備すると言うから
此れをイスラエル戦車に装備は
しないのかどうかだろうし
高価な戦車相手以外にATMは
使うのかどうかだが
同時に複数のミサイルを撃たれたら
対応可能なのかどうかだが
(まあ多少時間差が有れば対応は
 可能かも知れぬし
 同一方向からならほぼ同時に撃たれても
 対応は可能かも知れぬが)
レーザー誘導や赤外線誘導のミサイルは
煙幕やフレア等で妨害出来無いのかだが


此れを受けてレオパルト2PSOや
米の市街戦装備の戦車にも
迎撃システムが搭載される可能性も
有るのかも知れぬが


http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack.cgi?world+CN2006081101005076_1
>これに先立ち、イスラエル軍は同日までに、レバノン南部の国境から約10キロ
>にある戦略的要衝マルジャユンを制圧、徐々に攻撃範囲を広げた。
>マルジャユンからは、ヒズボラがイスラエル北部に向けロケット弾を発射するリ
>タニ川周辺まで数キロと近く、同地域を一望できる。イスラエル軍はマルジャユ
>ンを侵攻作戦拡大の足掛かりにするとみられる。


現代戦でも丘が要衝と言うのは
偵察機が常に利用出来ぬ以上は
変わらないと言う事なのだろうか





人気blogランキングへblogranking






参考文献:最新兵器



新兵器
ミサイル
ハイテク兵器
ハイテク戦争

京大再生研、皮膚から「万能細胞」作製に成功 

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/transplant/story/11yomiuri20060811it01/
まあ此れで細胞の老化迄修復出来る訳では
無いなら
臓器も長く使えるのかどうかだが
何処かで細胞の老化が修復出来なければ
老化が子供にも残って種族は滅びている訳だろうし
細胞の老化修復メカニズムを研究すれば
不老技術も完成出来るとは思うし
此れは以外に単純である可能性も
有るだろうか





人気blogランキングへblogranking











参考文献:最新宇宙論




量子 脳
量子 意識
量子 心
ミーム
平行宇宙