Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

10/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

重い武器が一番強いならバルディッシュが一番重いだろうが 軽いウェルシュフックの方が強いと言う意見も有るだろうか バルディッシュではウェルシュフックの早い攻撃を余り受けられず バルディッシュの遅い攻撃はウェルシュフックに受け流されるか回避される可能性も高いのかだが
10-20 11:11

https://t.co/0AJMLJABCF この喉輪側面の板札は 肩上部を防護する為の物なのかだが この板札は皮と言うから弓を止める為の物なのかだが
10-20 12:24

https://t.co/HCemnOpTl4 この籠手は肘後部に迄 篠が有るが 鉄板札がこの部分に使われる例は有るのかだが
10-20 12:28

https://t.co/RZP6KY9Lo9 この籠手は上腕部に迄筒籠手の前腕部の様な部分が有るが 皮製と言うから動作性に問題は余り出ないと言う事なのかだが 鉄でこうした物は有るのかだが
10-20 12:30

https://t.co/nyS3i6AW3I >南部利幹所用の具足 此処迄銀主体の具足と言うのも 中々無いと言う事なのかだが
10-20 20:22

同様にファルシオンではロングソードの速度のある攻撃を余り受けられず 装甲の薄い部分或いは無い部分をロングソードで先にやられ ファルシオンの遅い攻撃はロングソードで受け流されるか 回避されると言う可能性も高いのかどうかだが 日本刀と柳刃刀でも同様の事に成るのかどうかだが
10-20 21:05

とは言え雑魚足軽は日本刀のスピードや間合いを生かせず 柳刃刀を受け流したり回避は出来ず 装甲の薄い或いは無い部分を上手く攻撃出来ない可能性も有るだろうが
10-20 21:16

柳刃刀も雑魚歩兵には装備されず https://t.co/UjSjDiFtoT 左の様に恐らく一部騎兵のみの装備の可能性も有るなら 彼等に対するのは基本的に刀をまともに使える騎馬武者であると言う事なのかだが
10-20 21:17

https://t.co/WK13qbsUwW 倭寇図巻だと歩兵が柳刃刀を装備しているが 此れは最前列に居るから精鋭歩兵の可能性も有るのかだが 剣より数はやや少ない様に見えるが
10-20 22:43

倭寇は雑魚兵士ばかりでも無いし 大太刀を使う兵は雑魚兵では無いなら リーチや速度を生かされて柳刃刀がやられた例も 当時の記述に有る様に多いと言う事なのかだが
10-20 22:44

続きを読む

10/19のツイートまとめ 

boukenkyuu

武具 江戸期 十文字槍 長さ全体  134cm  https://t.co/cWLxsCbHgw 平三角の刃の有る十文字槍等が有るとは驚いたが 実戦使用は想定しているのかだが
10-19 11:04

https://t.co/ci0AHwGtyE >オニカマスに至っては体長が2メートルを超える個体もあり、鋭い歯の鬼のような顔の巨大魚は恐怖心さえ感じます。泳ぐスピードは時速150キロに達し、  と有るから オニカマスの速度はバショウカジキ(125km/h)より高速なのかだが
10-19 12:52

この湾曲でも隙間は突けると言う事なのかだが 清の綿襖甲は腰部には隙間は無いがが 脚部の装甲に隙間は有る物も有るが 全体としてはどうなのかだが https://t.co/0nZu9EflUP
10-19 20:03

この矢の精度はモンゴルの物と比べどうなのかだが https://t.co/WZ9NdfKChI
10-19 20:08

赤い樋が日本の薙刀や槍に似ているが 関連性は有るのかどうかだが https://t.co/nlIcz00cBj
10-19 20:16

日本の南蛮鉄もウーツ鋼だっただろうが 明の物も含め何処迄数は有るのかだが https://t.co/U1KzXoSabH
10-19 20:18

明の影流を学んだと言う 日本刀部隊は https://t.co/vToLY4QXDT 15世紀に既に有るが 彼等はどう成ったのかだが 親衛隊の2隊のみであるから 此れは倭寇攻撃には導入されていないと言う事なのかだが 北辺防衛には日本刀を持つ親衛隊が投入された可能性も有るのかだが https://t.co/F7S4kzfpg5
10-19 20:38

モンゴルの弓にこうした鈎は無い様に見えるが 明のオリジナルなのかどうかだが https://t.co/Jz5gezaC1T
10-19 21:27

方天戟も絵では大量に出て来るが 装備率は三叉槍よりは低いのかだが 大刀と比べても少ないのかだが https://t.co/wt23n2USJy
10-19 21:30

此れで12kgだと当世具足よりやや軽いのかだが ブーツに装甲が仕込まれていれば やや重くは成ると言う事なのかだが 果たして何処迄の装甲が有るのかだが https://t.co/P966RF8YgF
10-19 22:03

続きを読む

10/18のツイートまとめ 

boukenkyuu

雷管式の脇差鉄砲と言うのも幕末に有るが 火縄式の物等は戦国期に有るのかだが https://t.co/FZVxHHyzFB 火縄式の十手なら左に有るが 刀では無くこうした銃を仕込んだ金棒をサブ武器としている様な騎馬武者等は戦国期に居たのかだが
10-18 13:50

江戸期 鉄製 分銅が付き 鉄の瘤が付く 金棒(かなぼう)形 こん棒十手 検 古武道 刀装具 鍔 甲冑  日本刀 https://t.co/yURtAnpDP6 此れでは分胴の紐は短いと言う事は無いのかだが 以前は長い鎖が有った可能性も有るのかだが
10-18 14:23

下位の騎馬武者は加工に手間の掛からぬ単純な構造の頬当や 凹凸の少ない隆武面を主に装備していた可能性も有るのかだが https://t.co/ILfJYT6BiU
10-18 15:55

https://t.co/jxyqE0HVdj こんな丁番の付いた脇引も有るが 腕の動きが制限される可能性は無いのかだが
10-18 22:00

https://t.co/oldJA9EWkI 上腕下部が筒籠手の前腕部の様な構造の籠手だが 銀色であるから西欧甲冑の影響は有るのかだが 戦国期にこうした物は有るのかどうかだが
10-18 23:31

此れに https://t.co/cSwQ5ipIeK 左の前田利家の具足に有る様な 板金的な板袖を装備すれば 防御力は可成り高く成るかも知れぬが 戦国期にこうした組み合わせは有るのかだが
10-18 23:39

10/17のツイートまとめ 

boukenkyuu

◆ケラ首が長く室町期と鑑される長名槍 無銘 樋中に朱漆 素晴らしい刃紋 八寸五分 元幅2.28㎝ 重ね9.7㎜有り◆ https://t.co/XQEYcu6IHQ 樋が此れは刀身に比して短いが 漆の色も何か他と異なりピンク掛かっている様にも見えるが 写真の問題なのかだが
10-17 12:15

その口が無くなったら何も残らない様な奴には 何も言う権利等無いと言う様な物も有るが そうした者の中にも可成り発言等が後に残る者も 一部居るのかだが
10-17 12:43

そう言う事を言っている者も自ら等のミームを永遠に残そうとしたり 永遠に支配しようと言う訳で無いなら 何も言う権利は無いと言う向きも有るのかだが
10-17 12:45

10/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

村上海賊の娘で 一騎打ちを望む本願寺の下間頼道を 伏兵の弓で射殺した場面も有るが 沼間義清が一騎打ちで倒し本願寺勢の士気が低下した所に 突然伏兵が銃や弓を撃ち込み更に士気を低下させ敗走させると言う様な方向も有ったかも知れぬが 現実にこうした事は有ったのかどうかだが
10-15 12:09

其れで士気が一旦低下敗走迄するが 後で出て来る退けば地獄に落ちると言う事が書いて有る旗を此処で出して士気を回復させ 城に攻め込むと言う様なパターンでも良かったかも知れぬが
10-15 12:23

信長公記に石山合戦で信長が先頭に立って足軽と共に戦った例も有るが 此れは信長の本陣備が先頭に出ていたと言う事であり 信長がこの備の最前列に居たと言う事では無いと言う事なのかだが
10-15 14:22