FC2ブログ

Category

2019.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

10/17のツイートまとめ 

boukenkyuu

【ラグビーW杯】日本、南ア戦勝利の確率「24%」 その根拠は? NZメディアが分析「攻撃は優れているが…」(THE ANSWER) - Yahoo!ニュース https://t.co/31JfjY8Ta5
10-17 10:16

ダブルタックルで南アも狩る!坂手、成功の“4カ条”明かす/ラグビーW杯 - SANSPO.COM https://t.co/V9CWCzDTTx @sanspocomさんから
10-17 10:17

>206センチ、117キロのRG・スナイマン(24)を筆頭に超大型FWぞろいの南ア相手には、絶対に必要な技だ。7-41と完敗した9月6日の壮行試合では、タックル成功率が81・5%と低かった。   FW戦の不利をダブルタックルで 以前よりカバー出来るのかどうかだが
10-17 10:18

W杯、南アは低いタックルを意識 「日本はレベルが上がっている」   https://t.co/WrDM9E6XZG >ロックのモスタートは日本の守りについて「今大会は特にダブルタックルが効果的に決まっている」と分析。  一方でダブルタックルは 可也警戒されていると言う事なのかだが
10-17 10:21

RT @chabashira2gou: 南アフリカ戦は、福岡堅樹と松島幸太朗のスピードスターが駆け回り、相手の攻撃はダブルタックルで食い止め、22メーターラインからの敵陣では、オフロードパスでつないでトライ‼️なんて事が出来たら勝機はあるんだろうなとにわかでも楽しみである。…
10-17 12:10

RT @cellisco: 昨日のスコットランド戦も、トライは防いだけど突破される局面は結構あった。ディフェンスの枚数が相手よりも少ない局面も多く、ダブルタックルが出来ない時も多かった。この辺りは次戦にむけて修正していくのだろう。
10-17 12:11

RT @serenista: #RWC2019 #rugbyNHK-BSのウィークリーハイライトで五郎丸選手が「稲垣のトライ」の解説をしてて、やっぱりラグビーの「プロ」の解説は勉強になる。あのトライ、「3本のオフロードパス」が海外メディアでも賞賛を浴びているようだけど、それ…
10-17 12:13

RT @uraask170178: スコットランドは後半の後半サイド攻撃からの打開をはかっていた中央で日本にダブルタックルさせサイドに人を割かせないこういう場合どう戦術を取るべきかつぶさに解説して欲しかったが精神論ばかりなんでがっかりした民放なので清…
10-17 12:18

RT @taku_seka: 歴史を変えたこの一戦は、JPNとSCOの“ラインの攻防戦”で、写真の目線だったのでよく分かりました。特に後半のSCOの怒濤の反撃。ダブルタックルで相手を止めるJPNのディフェンスラインが揃う前にワイドへ振る作戦が効果的に決まり2トライ。後半だけ…
10-17 12:18

RT @7takuzo10: 日本代表の勝因その③『タックル』もう代名詞となりつつある日本代表のタックルだが、スコットランド戦でもよく決まり、大きなゲインをされることはあまりなかった。ただ、スコットランドFWが、ボールを持っている味方を後ろから押す圧力が強く、じわじわ前に出ら…
10-17 12:22

続きを読む

10/16のツイートまとめ 

boukenkyuu

英紙、南アの勝利を予想「日本を上回るパワーを使って打ち倒しにくる」/ラグビーW杯 - SANSPO.COM https://t.co/jnl15fczuc @sanspocomさんから
10-16 15:14

>しかしそれは、スコットランドが日本と同じようなアップテンポのゲームプランで臨み、ブレイブブロッサムズがそれを上回っただけである」とし、「一方で南アフリカは、日本より勝るパワーを使って開催国を打ち倒すことを探し求めており、
10-16 15:15

>スコットランドが日本に与えた同じスペースを与えることはないであろう」と分析した。   とは言えフィールド全面に渡ってスペースを塞ぐ事は出来るのかだろうし 日本の数的優位を作る戦術が南アが此れに慣れない序盤は 有効である可能性も有るのかだが
10-16 15:17

10/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

【ラグビーW杯】日本は「後半に疲れが…」 激突の南アメディアが“弱点”指摘「監督はメモしている」(THE ANSWER) - Yahoo!ニュース https://t.co/W5vpBQmWvC
10-15 11:05

南ア戦では最初は相手が見ない様な攻撃を出して最大限得点し 相手が慣れたら守備重視とすると言う様な方向も有るのかだが 疲労はメンバー入れ替えで対応と言う事なのかだが
10-15 11:07

【畠山健介の目】南ア撃破のカギは休養とラインアウト(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース https://t.co/dwo1dwheVm
10-15 11:45

>20日の準々決勝は中6日で迎え、相手は8日の1次L最終戦から中11日と休養十分。   メンバーを変えても守備は出来るが 相手が慣れない様な攻撃迄は出来るのかだろうし 序盤の奇襲的な連携攻撃で大量点が無ければ 敗北する危険が高いのかだが
10-15 11:50

10/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

【ホイッスル 吉田義人】鍛え抜いた運動量がものを言った https://t.co/PLtB9PQMqF >後半、スコットランドが攻め方を変えて外側に回してきたとき、ヒヤリとするシーンが増えた。9、14分と外のスペースを突かれて前進を許したところから、トライを奪われた。
10-14 09:28

>ここでも日本は対応した。内側からのバッキングアップを有効に生かし、外側の選手があわててタックルにいかず“網”を築いた。これで相手の展開も大きなピンチにはならなかった。鍛え抜いた運動量が、ここでものを言った。
10-14 09:29

南アフリカが最初から外側を使った場合は スコットランド戦後半と同様に成る危険も有るのかだが 此れを読んでいるなら対処は出来るのかどうかだが
10-14 11:03

RT @orthoinoue: @sicilian_ ジャパンがアンブレラで外側にパスをさせないようにしていました。うまくいってないと感じたのは、タッチキック後のカウンターに対する集中力だと思いました。スイッチのオンオフにばらつきがあるように見えました。
10-14 15:04

RT @orthoinoue: @sicilian_ 後半、SCOはジャパンよりブレイクダウンが強いことがわかり、バラバラでも飛び出せばジャパンの選手は孤立することに気づき、ブレイクダウンで優位に立ち、ゲームをコントロールしていたと思います。
10-14 15:04

RT @orthoinoue: スコッツはチョーク狙いでラインスピードは遅い、アイルランドは何故かラインスピードは遅い、ロシア、サモアは言うまでもないが、次の南アはラインスピード速い。どうやってジャパンは崩すのか見もの。
10-14 15:08

RT @orthoinoue: この試合、僕はセット、モールはわからないのでそこさえ負けなければジャパン優位と思ってた。実際勝ったが、BDがここまでスコッツ強いのは想定外ではあった。サモアはパワーだけであったが、スコッツはBDのスキルが高い。
10-14 15:10

RT @orthoinoue: NZもそうです。役割分担が明確です。 https://t.co/SPGE3zGE45
10-14 15:11

RT @orthoinoue: @500zoo フィットネス奪われたのは、スコッツのBDプレッシャーかなと思いました。本来、停滞→ハイパントなのですが、スコッツ相手にハイパントはリスキーと感じていたのか蹴らずに、ジャパンも手詰まりになってました。
10-14 15:13

RT @orthoinoue: @MSF00_Kaeru ジャパンは1人に2人でDFすることで瞬間的に優位に立ち、そのあとでATは2人入ってくるので、取り返せなくても3人に2人なのでフィールドでは数的優位です。後半、スコッツはジャパンの3人で守ってるブレイクダウンに人数を割いて…
10-14 15:15

10/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

上腕部なら動きが小さいから 裏籠手部分を突ける可能性も有るのかだが
10-12 08:46

https://t.co/RYt8chTM58 刀が裏籠手に斬り込んでいるが 深くは無いだろうか サーベルが後退しリーチを生かして戦い続けるのはスペースの無い戦場では困難だろうし 刀に踏み込まれてパワーでやられる例も有るのかだが ハーフソード等で対抗はしていたのかだが 明の腰刀は刀と同寸程度だろうか
10-12 09:25

練皮製甲冑のコストは質の悪い鉄鎧より高いと言う意見も有るだろうが 大阪陣では大阪方足軽が革鎧を装備していたと言う事だろうが 17世紀西欧の革のバフコートは銃弾を受けても鉄の破片が体に入らない故に利用されたと有るから 同様の理由で革鎧が使われた可能性も有るのかだが
10-12 09:36

一方で江戸期にも鉄製の足軽胴は有るが 射撃戦の前衛に立たない槍足軽が利用した可能性も有るのかだが
10-12 09:37

https://t.co/ggCHAfSmEk 銃兵も左の様に皆バフコート等は無い様にも見えるし 日本の鉄砲足軽も革鎧も無い例も多いだろうか
10-12 09:51

大阪陣の大阪方も鉄砲・弓足軽は革鎧を装備していたが 槍足軽は鉄製鎧を装備していた可能性も有るのかだが
10-12 09:59

一方で鉄砲足軽用とされる江戸期の鉄製前懸胴も有るが 低級品と言う事なのかだが 鉄砲足軽用では無い可能性も有るのかだが 大阪陣の大阪方の弓・鉄砲足軽は革製の前懸胴が多かったのかだが
10-12 10:02

刀は両手持ちのパワーでサーベルを払い打ちし これを抜き気味にかわされたらスピード・柔軟性の有る片手打に切り替えて対応と言う様な方向も有るのかだが
10-12 10:42

https://t.co/SwLIwIkexC 明では首装甲は余り使われないが 清は多用していたと言う事なのかだが 満州が低温故に多用されていたと言う可能性も有るのかだが 清正のオランカイ攻め時点でも装備されていたのかだが
10-12 10:52

https://t.co/BQvvr2hHwW オランダ人が描いた鄭成功の鉄人兵は 首装甲は有る様に見えるが 清の物を参考としたと言う事なのかだが
10-12 10:55

続きを読む