FC2ブログ

Category

2020.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

09/19のツイートまとめ 

boukenkyuu

安宅船等の樫製の盾板は ヨーロピアンオークより比重はやや上(0.83)だろうが スペイン船も甲板付近の横板は そうした素材が使われる例も有るのかどうかだが
09-19 10:01

https://t.co/qTeIjo1zec https://t.co/FC0o6fr1ox 北条の安宅船が防弾に使った椋の盾板は 比重0.67とヨーロピアンオーク程は無いが 厚みはどうだったのかだが
09-19 10:08

https://t.co/nYVzLfogNb  >材の比重は変化が多く0.65~0.9くらいまであり、時にかなり硬質のものがある。   比重0.9の椋も有ると言うが こうした物が選別されて盾板とされていた訳では無いと言う事なのかだが
09-19 10:14

RT @fact02s: 久しぶりにプラスになりました。゚(゚´ω`゚)゚。各国でのコロナ感染の増加で円高になってるらしいのでロックダウンきたらさらに円が強くなると見て来週もショートでポジション据え置きしてみたいと思ってます。 https://t.co/vTPvENhtdU
09-19 12:10

日本は欧米との自然免疫の差で ロックダウン回避の可能性も有るだろうが そう成った場合超円高が進む可能性も有るのかだが
09-19 12:10

https://t.co/Mx0JbjeO1y 緩和が早い大阪が特段やられていないとすると 日本人の自然免疫の力が機能している可能性が高いと言う事なのかだが
09-19 12:15

RT @ebosikariginu: カ、カッコイイ、、、 👏😭👍❇また、こういうの見に行ける状況に(なるべく早く)なると良いな弓ごと振りかぶって矢を射ってるけど これ何流なんだろあんまり詳しくないんだよ、、、😞馬、よく調教されてるしお馬さん自身のポテンシャルも…
09-19 12:48

RT @kerpanen: @ebosikariginu これは馬手下と、馬手追物射で、馬の首を避けて弓を右側に出し、通常とは逆、右(馬手)側にある的を狙う射法です。
09-19 12:49

RT @kerpanen: @ebosikariginu 右側は斜め前くらいが限界で、それ以上は無理です。ただ大陸の騎射では弓を右手に持ち替えて、左右どちらにも矢を放てるのが普通みたいですね。日本は弓が大きいので、サッと右手に持ち替えるのは難しいようです。
09-19 12:49

小型のトルコ的弓を持つ手を左右スイッチした場合は リングは両手に無いとすると パワーや連射は制限されると言う事なのかだが リングが両手に装備される例も有るのかどうかだが
09-19 12:50

続きを読む

09/18のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @tozenkagurazaka: @kerpanen トルコ弓をやってますが、サムリングの弦が引っかかるところの親指内側の皮が擦れたり挟まったりするので舐めたくなる気持ちわかります。最近は親指の内側にテーピングを貼ったりして擦れたり挟まったりしないよう予防しています。こ…
09-18 09:06

RT @takochan_de: 9/17 ドイツ新規感染者数速報。再生産数は 1.101。今日も2000人軽く超えてきた…#ドイコロ https://t.co/yVjw0OA3tM
09-18 09:59

https://t.co/3YbTVvxRmi >格言に『手薬煉(てぐすね)を引く』という言葉がありますが、戦場で弓を引く前に弓を滑らせることなく、弓返りをさせずに矢番えを早く打ち損じない為に弓手にくすねをつけ用意をすることから、十分に準備して機会を待つという意味です。
09-18 10:04

https://t.co/J8lAq6zTpY 一方で絵巻だと 弓返りをしている例が多数描かれるが 速射を重視せず威力を重視する者は薬煉を弓に付けず 弓返りをさせている可能性も有るのかだが
09-18 10:17

https://t.co/db6WAzpVfq >なお弓本体の右側に矢をつがえて放つと言う構造上、そのまま矢を放てば矢は弓本体に阻まれ、狙いは右に逸れてしまう。このため発射時に左手の中で弓を反時計回りに素早く回転させることでそれを防ぐ[* 1]。これを「弓返り」(ゆがえり)と言う。
09-18 10:22

>また弓返りを行うことで弦が矢に接触している時間が長くなり、矢はより加速されるという[2]。  弓返りが無いと威力だけでは無く 精度も低下する可能性は有るのかだが
09-18 10:24

https://t.co/j4gMhQrgFD >ゆがけをした弓手に薬煉をひいて(塗り延べる)弓を貼り付けました。   左手に弓懸が無い兵は 弓返りをさせていた可能性も有るのかだが
09-18 10:30

https://t.co/12FM7Qy3B3 垣盾に近い場所から弓を放つ場合は 弓返りは無いと言う事だろうが 垣盾から離れた後方から放つ場合は 弓返りをさせた可能性も有るのかだが
09-18 10:35

薬煉を左手に付けると 刀の両手打ちから右片手打ちへの切り替えがやり難く成る可能性は有るのかどうかだが 粘着力はそう強くは無いのかだが
09-18 10:43

打物戦前に薬煉の付いた弓懸を外して そうした事は回避していた例も有るのかだが
09-18 10:48

続きを読む

09/17のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @yuyawatase: これはオバマゲートがやはり来そうだな。Senate committee approves subpoenas, depositions for Obama DOJ officials - https://t.co/7lvrUjbrNK - @…
09-17 08:40

コロナ陽性者が陰性者に比べ共通して取っていた行動は…米CDC発表が波紋(日刊ゲンダイDIGITAL)#Yahooニュースhttps://t.co/Ubvo3v5yiZ
09-17 09:36

RT @epoch_ninja: 今日の発表は柿渋染マスクで無害化というわけではないです。念のため。
09-17 10:15

柿渋マスクは 抗菌で耐久性が高く 水を吸わないと言う事なのかだが
09-17 10:16

https://t.co/YB8lfgO7bu >「以前は速球に対応するためスイングスピードを速くし、引っ張ろうとしていた。いまは日本で功成り名を成したスイングに戻している。いつもインプレーの打球にする必要はないんだ。ファウルにして次のチャンスを待てばいい」と説明した。
09-17 11:56

RT @Armored2020: @inuchochin ⬇︎続き薙刀は槍よりも前に長巻にまず押されて消えかけていて(特に上級武士が打ち物としては)戦国期までに戦場に残ったのは大薙刀に分類される大型のものが少数だった模様(後は前述通り統合された)
09-17 12:31

RT @inuchochin: 室町時代の槍の仮想敵は大太刀(太刀)や薙刀だし(室町時代の素槍の長さ九尺は薙刀に突き勝てる長さ)、長柄槍という集団兵器もあるから、薙刀が長物の主力の地位を槍に取って変わられたのは変では無いような気はする。
09-17 12:31

楠木正儀軍だとコストの問題で 槍が多く成ったと言う意見も有るが 以後はリーチを伸ばす為に利用されたと言う事なのかだが
09-17 12:33

楠木正儀時代だと薙刀のアウトレンジは 槍は考えていない可能性も有るのかだが 応仁乱時代ではどうなのかだが
09-17 12:34

https://t.co/YtgDFiHf5J >南北朝時代までの槍はむしろ貧乏人の薙刀がわりとして使われ、それほど有効な武器ではなかった[16]。  楠木正儀時代だと 槍は安い武器としての扱いなのかだが
09-17 12:36

続きを読む

09/16のツイートまとめ 

boukenkyuu

豆腐など「大豆食品」で膵臓がんリスク上昇?日本での研究より(ダイヤモンド・オンライン)#Yahooニュースhttps://t.co/uA890piHSs 味噌や納豆は そうしたリスクは無いと言う事なのかだが
09-16 09:17

岸信夫防衛相が兄に毒を盛った オバマゲート関係者を 英連邦や米南部と協力し打倒と言う事に成るのかどうかだが
09-16 10:12

河野行革相は政府内部のオバマゲート関係者の洗い出しと排除 何れ入閣する橋下総務相が メディア中心にオバマゲート関係勢力を粛清と言う事に成るのかだが
09-16 10:15

RT @KobujutsuDojo: 馬術同様、地上とは違う水中での身体のコントロール、バランスが求められる泳法。奇しくも両者は徳川家康がこれだけは自ら修得しておけと強く勧めていた武芸でした。泳法水術の先生との和式馬術の検証稽古も行う予定です。『泳法と馬術』どのような出会いとな…
09-16 10:33

https://t.co/8uzyrWriCd >わざわざ「信長は水泳が得意だった」とも書かれているので、かなりのものだったのでしょうね。>尾張周辺は、他国との境界線がほぼ川や海です。となれば、織田氏から攻めていくにしろ、迎え撃つにしろ、水場の近くが多くなるわけです。
09-16 10:36

>義隆の甥っ子で養嗣子だった大内晴持が、海から船で撤退しようとしたところ、船着き場で「我先に」と殺到する兵に船ごとひっくり返され、溺死してしまったのです。  >信長は天文三年(1534年)生まれですから、家臣や城下のうわさ話などで、この件を聞いた可能性も十二分にあります。
09-16 10:40

https://t.co/jPSJcV7c9q >また水泳の方は小さいころ徳川家康に教えたというほどである。
09-16 10:46

https://t.co/LNTl22nDZd >「人して代はらしむる事のならぬわざなり」。こちら、徳川家康の残した言葉である。直訳すれば、「人に代わってもらうわけにはいかないもの」。何について語っているのかというと「負け戦の騎馬」と「泳ぎ」の2つについてである。
09-16 10:50

>しかし、戦に負けてしまえば、そうは言っていられない。全軍撤退して逃げなければならないからだ。だから、どんなに偉い大名であっても、自らが馬に乗り、川で泳ぐ。この「負け戦の騎馬」と「泳ぎ」の2つだけは、いくら家臣でも代わりをさせることはできない。そんな意味が込められた言葉なのだ。
09-16 10:53

『仙台の殿様,鉄砲がお好き』⇒ https://t.co/0OcLH8k0zT  >二代藩主の忠宗は十五間(約27メートル)先の釘を狙って外さない腕前で,100発100中の妙ありと伊達自家記録に記されている。   50m程度なら 防弾胴以外を狙撃出来たと言う事なのかだが
09-16 12:42

続きを読む

09/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/KdICads1Jx >我は紺の襖に欵冬の衣を着て、夏毛の行騰を履(はき)、綾藺笠を着て、征箭卅許、上指雁胯二並指たる胡録を負て、手太き弓の革所々巻きたるを持て、打出の太刀帯て、腹葦毛なる馬の長七寸許にて打はへ長きが極たる一物(いちもつ)の進退なるに乗て、軍の員を計ふれば、
09-15 11:46

今昔物語・25巻5話の平維茂も 敗北して甲冑を失った後は 鎧無しで傘や襖・行縢を装備して戦闘していると言う事なのかだが
09-15 11:55

https://t.co/7QZOPafkUr 前九年合戦絵巻だと 傘を装備している騎馬武者も描かれるが 騎射戦時には兜は装備していたと言う事なのかだが
09-15 12:06

前九年合戦絵巻には 陣太鼓的な物も有るが 元軍の影響で使われる様に成った可能性は有るのかだが https://t.co/Pka3ftenL0
09-15 12:16

蒙古襲来絵詞の元軍の太鼓とは 可也違う物である訳だろうか https://t.co/AnSvIwCYTX
09-15 12:27

https://t.co/D8hmTIQCVx >陣太鼓 >軍陣で、軍勢の進退を指示し、士気を鼓舞するために打った太鼓。軍鼓。古代より、鉦(かね)とともに用いられ、奈良時代、軍防令(ぐんぼうりょう)には、各軍団ごとに角笛とともに鼓(太鼓)2面を置くと規定され、また即位式の式官の陣の参集の合図に用いられた。
09-15 12:40

>しかし実際の普及は、組織的に集団を指揮する戦法を必要とした戦国時代からであろう。  >しかし陣太鼓という語は古い文献になく、その制とともに近世に成立したと思われる。同時に軍学者により種々な打ち方も唱えられたが、本来はさほど複雑なものではなかったのであろう。
09-15 12:54

>引き太鼓、掛り太鼓、押し太鼓などは、その合図の打ち方の呼称である。   陣太鼓は元軍とは無関係なのかだが 余り使われなかった物が元寇後増大した可能性は有るのかだが
09-15 12:54

奈良期には有った鉦や角笛は 以後も戦場利用されていたのかどうかだが
09-15 12:56

https://t.co/TgPHjJQzgF >信春は前進の「寄せ」の他、隊列を正す「序」を3種類に分け、部隊を急いで移動させる「急」を2種類に分け、敵を攻撃する「破」を3種類に分けて、合計で9つの伝令を伝えられるように工夫したのです。これは護身の秘呪である臨兵闘者皆陣列在前の「九字」と同じ名で呼ばれ、
09-15 13:19

続きを読む