FC2ブログ

Category

2018.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

10/16のツイートまとめ 

boukenkyuu

●五枚胴●等身大●鎧兜甲冑武具具足の部品 https://t.co/vWrh1WxH5T 采配付環の下に亀が有る胴等も有るが 房は蓑亀の蓑を模しているのかだが 戦国期にこうした物は 流石に無いとう事なのかだが
10-16 14:13

https://t.co/0f4JVS2pMk >桜井半兵衛が着用の兜と鎖帷子  此れは1634年に有る形式の物なのかだが
10-16 15:05

https://t.co/KadVJEwtwd 渡辺数馬のこうした絵も有るが 鎖はこうしたほぼ全身用の物だったのかだが
10-16 15:15

https://t.co/9EeBnlPIP8 >逃げ遅れた又五郎は数馬、又右衛門らに取り囲まれた。又五郎を倒すのは数馬の役目で、この二人は剣術に慣れておらず、延々5時間も斬り合い、やっと数馬が又五郎に傷を負わせたところで、又右衛門がとどめを刺した。
10-16 15:19

双方共5時間も倒せなかったと言う事は 浮世絵に有る様な全身をほぼ覆う鎖帷子を装備していた可能性も有るのかだが
10-16 15:20

https://t.co/GMGx6ntpWM >数馬と又五郎は双方が鎖を着こんでいた為に3時間斬りあっても効果が無く、敵の全てを倒して駆け付けた又右エ門が数馬に「斬ルナ叩クナ突クベシ突クベシ」と小声で叱咤した。「突け」と言う声が仇・又五郎の耳に入れば逆に数馬が危うくなるからである。
10-16 15:26

刀の切っ先では鎖は 南蛮鎖では無く共貫通し難いかも知れぬが 衝撃は斬るよりは与えられるのかだが 草摺等の隙間を貫通する可能性も有る訳だろうか
10-16 15:27

https://t.co/mA7USAyBi9 荒木又右衛門の刀は84cm等と長く 直剣的だが 此れは鎖を着た相手に打撃を与える事を考慮したと言う事なのかだが 新刀で直剣的で有る故に折れ易く成っていたと言う事なのかだが
10-16 15:33

https://t.co/3AHgGHlNJA 薄く弾力の有る西欧剣は折れないと言う意見も有るが 左では折れているが ステンレス製なら実物より弾力性は無いと言う事なのかだが
10-16 15:45

https://t.co/CSxXnQnYi0 片手剣でクレイモアを受ければ こうした事にも成り得るのかだが 鋼製の実物ではどうなのかだが
10-16 15:49

続きを読む

10/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/rzCJwp8RPs シミターもロングソードの様に鎖を貫ける様な切っ先は無いと言う事かも知れぬが 鎖を突いていない訳では無いと言う事なのかだが 貫通せず共打撃は与えられると言う事だろうか
10-15 11:17

https://t.co/sxOpSzAsGK 17世紀では左の様な尖った切っ先のシミターも有るし https://t.co/CJql4B1OWp 左のロングソードが鎖を貫くなら そうしたシミターも鎖は貫くかも知れぬが このタイプは多いのかだが
10-15 11:25

https://t.co/aOc5iZ9Jw7 フサリアのサーベルは左の様に切っ先は鈍いと言う事だったかも知れぬが トルコ軍も同様なのかだが
10-15 11:29

https://t.co/VD81TJMXRW 左のポーランドの17世紀のサーベルも 切っ先は鋭くは無いが 同時代の西欧剣も同様と言う事だっただろうか
10-15 11:36

https://t.co/irxtW7FRSK ポーランドの剣も超長剣コンツェシュの切っ先は鋭いが 鎖を貫通する為と言うより 軽量化の為と言う事なのかだが
10-15 11:46

https://t.co/3q3nRsbVHS >いっぽう、使い捨てができる利点からポーランドではフサリア騎兵が馬上から歩兵を攻撃するためにコピアと同じように用いられ、折れた場合はその場に投げ捨て、パラシュ・シャブラ・ブズディガンなど他の携帯武器を使用した。
10-15 11:48

フサリアも槍が無くなった後は長いコンツェシュで突いていたと言う事なのかだが サーベルが振るわれるのは此れが折れた後と言う事なのかだが 基本的に槍が無くなれば後退して 別の槍を持つと言うのが基本では無いのかだが 落馬した場合はコンツェシュで戦いつつ 後退すると言う事なのかだが
10-15 11:51

https://t.co/xhllANAX5v 左の緑も使われる蒔絵具足が明石掃部(全登)の物だとすると 1618年或いは15年迄の物なのかだが 大阪陣では使われたのかだが 蒔絵の一部には西欧の影響も有るのかだが
10-15 13:43

https://t.co/yrulKZqh1F  左の様に似た蒔絵が入る恐らく江戸期の具足も有るが こうした物は戦国期には多かったのかだが
10-15 13:56

その種の蒔絵は https://t.co/NN53n4O9uz 西欧のこの種の鎧の銀の部分を参考とした可能性は有るのかだが そう似ては居ないだろうか
10-15 14:21

続きを読む

10/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/ptZs9cgC3Q この前立の右部は 最初から曲がっていたのかどうかだが
10-14 11:07

小星兜も星の無い部分に銃弾が命中すれば 星の銃弾を砕くと言う効果は無いだろうが 星部なら薄い兜でも6匁弾が近距離でも防げる故に装備されているのかだが 全面を分厚くして近距離の6匁弾を防ぐとすると 重量は可也重く成るのかだが 正面のみ厚いと言う例は有るのかだが
10-14 12:46

下馬戦闘しない指揮官用或いは 攻城戦用兜なら近距離の10匁弾或いはそれ以上の物迄防弾の物も有るだろうが 乗馬戦闘重視の関東兜は6匁弾は近距離でも防弾と言う事なのかだが
10-14 16:03

https://t.co/IbROF8zsMA 後藤又兵衛の兜は星も付く廻鉢だが 星部以外では近距離の6匁弾を確実に止められる訳では無いと言う事なのかだが とは言え回転しない兜に比べれば耐弾性は高いと言う事なのかだが
10-14 17:27

https://t.co/uEpDypoB9g 左の天正期の上杉謙信の物かも知れぬ廻鉢は 関東型兜が仕込まれている可能性も有るなら 耐弾性は高いのかだが 当たり方次第では近距離からの10匁士筒等も止まる可能性は有るのかだが
10-14 17:32

星兜に似た 成形炸薬弾を防ぐゴムの突起の有る装甲が https://t.co/BzGrwxiykQ 自走榴弾砲PzH2000の上面にも有るが 突起の密度は余り無いが実用性はどうなのかだが 星兜を参考に作られた可能性は有るのかだが
10-14 17:53

西欧の3.7mm厚の野戦用鎧を上回る様な厚さの有る 4mm厚の雪下胴は野戦用としては過大な防御力は無いのかだが 短銃身の10匁士筒なら野戦でも使われるかも知れぬし これの至近距離からの銃撃を考慮したのかどうかだが
10-14 18:03

西欧の野戦用鎧では10匁狭間筒と同程度のサイズのマスケット銃が 20m程度では止まると言うが 鎬の無い4mm厚の雪下胴では 同等の防御力は無いかも知れぬが 短銃身の10匁筒なら近距離でも止まる可能性は有るのかだが
10-14 18:07

https://t.co/uYkrdcxPFa そうした雪下胴は会津征伐で使われたと言う上杉軍の20匁雷筒の攻撃も 近距離では止まらないだろうが考慮していた可能性は有るのかだが 長銃身では無いから野戦でも使われた可能性は有るのかだが
10-14 18:12

そうした雷筒も精々50m程度からの射撃しかしないなら この距離では雪下胴で止まるのかどうかだが
10-14 18:22

10/13のツイートまとめ 

boukenkyuu

朱塗越中頬 裏黒 桃山-江戸初期 /// 甲冑 武具 鎧 兜 刀 鍔 鞍 鐙 弓矢 縁頭 https://t.co/SDNBeHWuW5 赤い越中頬と言うのも見ないが 戦国期には有るのかだが
10-13 10:29

https://t.co/bdc7005mjz 左の伝細川興元の具足にも赤い越中頬が有るが 1619年迄の物では無いと言う事なのかだが
10-13 10:35

そうした事を主張している者が 只人を助けようと言う者や 強い者と戦いたいと言う主人公等に自らより迷いは見えないとして 此れに協力をすると言うのも良く有るパターンだろうか
10-13 11:35

https://t.co/Tzvxd6yTCk この3世紀のポセイドンのクロークは 金剛力士や雷神等に有る比礼に似ているが 関連は有るのかどうかだが
10-13 12:13

https://t.co/7lGmrozWIk 紀元前550年等でもこれに似たクロークは 描かれ方は違うが存在はしている訳だろうか
10-13 12:15

最上胴の隙間を突く為に16世紀前期に刀が長くなり湾曲が浅く成ったと言う事は シミターの様に湾曲を利用して防御を迂回する突きは考慮されなかったと言う事なのかだが 16世紀後期でもかなり湾曲した刀は有るから こうした物を使う者はそうした防御の迂回を考慮していた可能性も有るのかだが
10-13 12:39

薙刀も斬る為では無く湾曲を利用した防御を迂回しての突きを多用する者も 多かった可能性は有るのかだが
10-13 12:42

関東の騎馬武者なら馬の速度を利用した斬撃を戦国期でも多用していたかも知れぬし 16世紀後期でも曲がった刀が多用されていた可能性は有るのかだが
10-13 12:44

https://t.co/RyOlyENlIp 槍であればこの程度の鋭さの切っ先でも 鎖は貫通するが 薙刀ではこれよりやや鈍い物しか無いが 貫通せず共可也ダメージは受ける訳だろうか
10-13 13:33

https://t.co/GaLthiOYZY https://t.co/cFDT61S3zE 薙刀も動画の槍程度には切っ先が鋭い物が有るが 鎖は貫通出来るのかだが 長巻はこうした切っ先がかなり多いだろうか
10-13 13:41

続きを読む

10/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

【魁】本物保証 鎧甲冑袖 江戸中期本歌物 古鉄地鎖古作時代の希少作 一作物 時代を語る見事な逸品 https://t.co/pteNMmqHgH こう言う市松模様的家地も有るが 戦国期には有るのかだが
10-12 09:43

井上尚弥、極限の“戦慄の左”の1枚が3万大反響「前鋸筋素敵すぎ」「腕が伸びてる!」 https://t.co/qqlfWlCY8c https://t.co/9p5bVOMEJn 此れは肘を逆側に曲げて相手の腕を抜けると言う事を 意図的にしているのかだが こうした事は多用されていのかだが 肘の関節は保つのかだが
10-12 10:52

◆ 【 江戸時代 変わり兜 】 兜 鎧 甲冑 武具 面頬 具足 ◆ https://t.co/tLC8zFmW9g 越中形兜の眉庇に 打眉・見上皺が有る例も有るが 戦国期には有るのかだが
10-12 12:14

https://t.co/jnaXqHaUBD >やがて、白々と夜が明け始める早朝・・・油断して守りが手薄になった海ノ口城に戻った信玄は、一気に奇襲をかけ、見事、敵将・玄信の首を討ち取ったのです。  この奇襲攻撃は甲陽軍鑑の創作と言う意見も有るが 同様の事は他で行われていた可能性も有るのかだが
10-12 19:16