FC2ブログ

Category

2019.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  

02/21のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/WzRM1gjwG2 左の1582年の伝書に有る 契木の鎖は https://t.co/W6aKOubctR 左の中国の軟鞭の物に似ているが 只の鎖では無く装甲への打撃も意図した 戦場用の物と言う事なのかだが
02-21 10:48

https://t.co/HXdTo8B9J3 南北朝期に根飛の分銅鎖だけでは無く 多節鞭も同時に日本に入っていた可能性も有るのかだが
02-21 10:55

契木の分銅には縄鏢の様に刃が有る様に見えるが 縄鏢を忍者が使う漫画等も有るが 同様の先端部で鎖装備の物を利用していた可能性は有るのかだが 縄鏢も日本に入っていたのかも知れぬが 敵を掛け易い鍵縄の方が使われたのかだが
02-21 11:06

https://t.co/G0FeXegF1F 刃が付いた多節鞭の絵も有るが 最長は3mだが そうした物が槍に対抗して利用された例は有るのかだが 2m等の長柄が装備された鎖鎌の先に多節棍が付けられる例は有るのかだが
02-21 11:21

https://t.co/bzhbBDp6Ol 多節鞭も速度はそれなりに有り 敵を拘束も可能かも知れぬが 戦国期日本の方が明時代の中国より戦場で利用された可能性も有るのかだが
02-21 11:35

多節鞭も腕は兎も角 刀や槍に巻き付けて拘束と言うのは 果たして可能なのかどうかだが
02-21 11:38

節棍も鎖打棒は日本に有るし 黒田長政がコピーさせたと言う記述も有るが 此れ以前には無いと言う事なのかだが 3以上の節の有る例は日本に有るのかだが
02-21 12:19

https://t.co/0VJpzWLkix 水滸伝の李逵の様に 斧二本を持つ者は戦国期に居たのかだが 水滸伝が日本に入ったのは江戸期と言う事なら この影響で斧二本を利用した例は無いと言う事なのかだが
02-21 12:48

https://t.co/XGA0mPrqc1 16世紀の斧素槍も有るが https://t.co/2vahdfCLeR 此れは全長は槍より短いが こうした物の二刀は戦国期には無いと言う事なのかだが
02-21 13:00

https://t.co/niARHo1Joy 明代だとスパイク付き斧が有るのかも知れぬが 現実の戦場で此れを利用した者は居るのかだが
02-21 13:06

続きを読む

02/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/mrwuxmeSQn >扈三娘 >武芸も一流だが、敵を捕らえる術にも長けており、女と侮って深追いした彭玘や郝思文を套索(からめ縄)で生け取っている。  套索と言うのはモンゴル的な投げ縄かも知れぬが 水滸伝が成立した明時代には中国で使われていたのかだが
02-20 12:21

https://t.co/mMLycrtJFN 左に有る絵を見る限りは モンゴルと同様の投げ縄である訳だろうが 日本軍が此れでやられた例は有るのかどうかだが 後金騎兵も此れは利用したと言う事なのかだが
02-20 12:25

新免無二の戦国期の十手術は 戦場用と言う事なのかだが 明軍等でサイを戦場で利用した例は有るのかだが
02-20 12:47

https://t.co/hm2vX8lJt7 >圓明實手流と類戚関係にある鉄人實手流の伝書には右手に太刀、左手に實手を持った絵図面が載せられている。  戦国時代の両手持ちの十手の絵も有るだろうが 短い物が刀との二刀流で利用される例の方が多いのかだが 捕物術に有る二丁十手は戦国期には有るのかだが
02-20 13:09

両手持ち十手と片手持ちの十手の二刀流或いは 両手持ち十手の二刀流等は果たして戦国期に有ったのかどうかだが
02-20 13:18

水滸伝でも呼延灼の様な双鞭は有るが サイの二刀流等は無かっただろうが 戦場で果たして利用されたのかだが 双鞭も現実の明兵は利用していたのかどうかだが
02-20 13:58

https://t.co/VJV6jQoYED >有名な使い手として、北宋建国に貢献した呼延賛(中国語版)が挙げられる。  呼延賛の場合は 鉄鞭は1本利用なのかだが
02-20 14:03

https://t.co/rFV0vAvb5K 上の戦国期の十手の右の物は 石突がやや尖るが 鎖鎌にも同様の物が有るが 石突での攻撃を多用したのかどうかだが
02-20 14:11

https://t.co/4dd6xoOeAs 硬鞭の場合は 先端は尖る物も有るが 石突部分が尖る物は有るのかどうかだが
02-20 14:21

走りながら銃を放とうとしている様に見える足軽も 黒田屏風に書かれるが こうした事が有るとしても近距離射撃限定なのかだが https://t.co/X5Pb7rMCHw
02-20 17:20

続きを読む

02/19のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/bq8nElV0uI この籠手の親指部分は丁番が有るのかだが 動作性はどうなのかだが
02-19 09:13

https://t.co/Lnqgr61I1q 小笠原忠政・小笠原忠脩の草摺の裾板は銀だが 金や他の色の物も大阪陣辺りでは有るのかだが
02-19 10:07

https://t.co/FzEqV66Nuw 吹返が有る状況では弓は引き切れないだろうが 此れでも威力を出す為に張力を強くしている言う意見も有るが 反動でぶれ易く成る可能性は有るのかだが トルコ系弓と同程度には引けると言う事なのかだが
02-19 14:01

https://t.co/yFE53sX65j シコロを少し動かせて弓を引けるなら 笠シコロなら更に弓を引ける可能性は有るだろうが 引き切る事迄は可能なのかだが 笠シコロ時代では騎射は減少するだろうが 地上からの射撃は依然多いのかだが
02-19 14:03

https://t.co/HTwosPetWQ 南北朝期の笠シコロ或いは 更に後期の笠シコロは この位置からもやや上には動くだろうが 弓は果たして引き切れるのかだが
02-19 14:11

https://t.co/91RwcLforc 後方への追い物射(パルティアンショット)なら 平安・鎌倉期の吹返しでも干渉は余り無いのかも知れぬが 引く威力はどうなのかだが 下馬戦闘時でもそうした射撃をしていたのかだが
02-19 14:17

https://t.co/LHgo89MLoR この開いたシコロなら弓を引き切れるのかも知れぬが そうした場面は動画には無いだろうか
02-19 14:45

https://t.co/O1TKoklH91 吹返の無い当世兜では此処迄は引けるが 小型の吹返が有っても干渉は無いのかだが
02-19 15:04

津軽屏風だと白以外の腹帯が書かれる場面も有るが 大半は白いだろうし 黒田屏風では白以外は無い様に見えるが 実際の比率はどうなのかだが https://t.co/TNYDzAgPkP
02-19 15:17

大珍品 長尺鎖鎌 5尺4寸 162cm 折り畳み式 変わり石突 分銅 隠し鎌/暗器/武具/棒術 https://t.co/ENlc3LyiTX 戦国期では こうした仕込み形式の鎖鎌は無いと言う事なのかだが
02-19 16:00

続きを読む

02/18のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/M1Dzg3HK87 >中沢 琴 >自分より強い者と結婚すると決め、結局現れなかったため生涯独身で過ごした[1]。  中澤琴が日本最強の剣士共思えないが 園部秀雄の様に道場破り的な事はしなかったと言う事なのかだが
02-18 10:01

https://t.co/lALFymDbp5 >兄・貞祗が記した新徴組記録や2人の郷土の文献には、中沢琴の新徴組での様子がはっきりと描かれています。「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)を引き起こすきっかけになった江戸薩摩屋敷などの襲撃に中沢琴が参加し、左足のかかとを切られたこと。
02-18 10:28

踵等の低い場所が 意図的に狙われていたのかだが 長物でやられた可能性も有るのかだが 鎖帷子は恐らく装備されていただろうが こんな場所には通常は無いと言う事なのかだが
02-18 10:29

https://t.co/vbx058IJRD 薙刀対こうした剣・盾の戦いも 手盾+刀の兵は日本でも存在するだろうから 薙刀側も対処は出来るのかだが 薙刀側は剣の届かない左側に回り込みつつ 踏み込みも牽制する為に足を狙うと言う方向なのかだが
02-18 11:02

密集隊形で回り込むスペースの無い状況では 足を牽制して踏み込ませない様にしつつ 踏み込まれたら柄で掛ける攻撃を多用と言う方向も有るのかだが
02-18 11:06

薙刀の斬撃で 相手の片手持ち刀剣を叩き落とすと言うのは何処迄出来るのかだが
02-18 11:13

盾を両手剣やポールアームで強打して バランスを崩すと言う戦術も有っただろうが 刃が食い込んで拘束されるリスクも有るだろうし 峰側や平打を使うのが妥当なのかだが 刀の峰側は脆いと言う意見も有るが 峰打が多用される記述も有るだろうか
02-18 11:16

https://t.co/1xEOFHW53v 日本では剣身を握ってのハーフソードは無いだろうが 中巻野太刀なら剣身部分も中央部分程度迄は握れるだろうが 此れを利用しての掛ける攻撃は有るのかどうかだが
02-18 11:27

https://t.co/CFuA3XFbkw 日蓮聖人註画賛には中巻野太刀らしき物が書かれるが 中央部迄布は無いと言う事なのかだが とは言えこの長さが掴めれば首程度は掛けられる訳だろうか
02-18 11:51

https://t.co/1xEOFHW53v この動画にも大太刀で片手剣を叩き落としている場面が有るが 其の際の隙は突いていないだろうが 手抜緒が有ればこうした事は起きるのかどうかだが
02-18 12:15

続きを読む

02/17のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/AXo7VIQZDJ >「ネムリ薬」では「クソムシの抜け殻やタバコなどの粉を火であぶると、煙で敵は眠る」と書かれていた。  こうした物に睡眠効果は果たして有るのかだが
02-17 09:00

https://t.co/DDK8rKvCKk 西欧では手術時に眠らせる為に マンドレークやアヘン等が使われた訳だろうが https://t.co/GPBSJ7xx07 マンドレークは現実に薬効は有ると言う事だろうが 幻覚作用も有る神経毒なのかだが
02-17 09:13

忍者がマンドレークを中国や西欧から手に入れて 睡眠ガスに利用と言う例は流石に無いと言う事なのかだが
02-17 09:18

https://t.co/GPBSJ7xx07 >伝承では、カルタゴの軍勢が放棄して撤退した街にマンドレイク入りのワインを残してゆき、街に入ってきた敵軍が戦勝祝いにこのワインを飲み、毒の効能によって眠っている敵軍を皆殺しにして勝利を収めたと伝わっている[3]。
02-17 09:29

マンドレイクが催眠ガスとして放出された例は 記録上は無いと言う事なのかだが
02-17 09:30

https://t.co/AXo7VIQZDJ >毒薬としてハンミョウやトカゲを丸焼きにして粉にし、井戸に入れるとあった。  https://t.co/PLVUyoeChj 日本のトカゲに毒は無いと有るから 果たして此れは利用されたのかだが
02-17 09:38

戦国期等にインドネシア・中米からコモドオオトカゲやドクトカゲを購入して迄 そうした毒を果たして使うのかどうかだが
02-17 09:41

https://t.co/SArDBgD8GU 鉢巻に手裏剣を装備している例は 現実には無いのかだが 上遠野広秀の様に鬢に差している例は有ると言う事だろうが https://t.co/n4Q8Elj91H 頭部に矢を差す例は南アフリカ等で有る様だが 日本ではどうなのかだが
02-17 10:20

https://t.co/sMz3FUtqk1 手裏剣の鬢以外の携行場所は 袴の腰板の裏部分と言う事なのかだが 脇差が無い場合は懐にも有り得るのかだが
02-17 10:49

https://t.co/LwTJJeNrNQ >1333年7月19日 ハリドン・ヒルの戦い >スコットランド軍は最初に一騎打ちを提案してきた。士気を盛り上げるのが狙いだ。エドワード三世も時間稼ぎによいと思ったのかこの申し入れを受けてノーフォークの騎士ロバートが出てきたが、
02-17 12:23

続きを読む