FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

09/19のツイートまとめ 

boukenkyuu

Check out Japan Antique Edo yoroi Sune cover leg samurai kabuto tsuba Armor katana Busho 2 https://t.co/vrfgKZF3Hf 此れは戦闘用の竹脛当なのかだが 長物の試合用の物の可能性も有るのかだが
09-19 10:54

江戸期 古鉄製 鎌 忍者道具 忍び道具 刀剣 武具[B33] https://t.co/pZ4hUCqajM 此れは2つ同時に使われるタイプの鎌なのかだが 紐は短いし 戦闘時には外されるのかだが
09-19 11:39

この種の二丁鎌は忍者用なのかだが https://t.co/ZXkkrzKV6J 豊前福光派古術の二丁鎌術との関連は有るのかだが 空手用の二丁鎌の可能性は有るのかだが
09-19 11:45

ドイツ剣術は生き残る為の剣術等と言うが 生き残る確率が高い戦術=防御的なのかだが ドイツ剣術より防御的なイタリア式剣術はより生き残る事を重視しているのかだが 盾を利用する剣術が防御的と言う訳でも無いと言う事なのかだが
09-19 14:27

盾を利用するとしても先制攻撃主体で 敵のカウンターを主に盾で防御と言う様な物なら 防御的とは言えるのかだが 盾を利用しての攻撃が多い例も有るだろうか
09-19 14:29

盾と剣での同時攻撃が多い様な例も有っただろうし 盾での攻撃が主体で防御は剣の方が多い様な例も有るのかだが
09-19 14:30

https://t.co/Zj6CYMEaG3 剣道では出鼻技はかつぎ技の次に命中率は高いだろうが イタリア的なカウンターは出鼻では無く受けてからの物だろうから 1割も命中率は無いと言う事なのかだが 先制攻撃の払い打ちの方が命中率はやや高いと言う事なのかだが
09-19 14:46

出鼻技主体で 此れで相手が居付いたらかつぎを入れると言う様な物が 生存率が高い戦術なのかだが ドイツ的な剣術だと出鼻的な物は無く 先制攻撃或いは返し・抜きでのカウンターが多い様に見えるが
09-19 14:58

https://t.co/zFySW4GHn5 薙刀だと三段技の命中率が高いが 出鼻や抜き等でカウンターを受ける危険は何処迄有るのかだが
09-19 15:00

フェイントを多用する相手に 23%等出鼻技が命中しているのかだが 釣り出された所に逆にカウンターを受ける危険も有るのかだが
09-19 15:10

続きを読む

09/18のツイートまとめ 

boukenkyuu

名物出品!特別貴重刀剣「氏貞」一国氏貞・豊臣秀吉が最も欲しかった名工!古刀期大業物・高級拵え金無垢目貫・刀身彫見事「江」郷義弘 https://t.co/1C65qOKNHt こう言う樋が大型の刀に入る例は 有るのかどうかだが
09-18 09:49

16NMM 蔵出し 槍 同田貫/どうだぬき 刀身/72.3cm 香川県登録 全長173㎝ https://t.co/MBCXIWDkQY 同田貫の72cmの大身槍等も有るが この長さとしては幅は広い方なのかだが
09-18 12:40

重要候補 『法華 時代南北朝』特保鑑定 https://t.co/UEGpVIjkz4 薙刀直しの脇差と有るが 妙に剣的な形状だろうか
09-18 12:44

RT @kamaeatte: この文書には、陣立の他に「御人数揃出立様」として兵士の軍装についても書いているので、以下簡単にまとめてみたい。まず旗持(のほり)は「具足くろくまへうしろニ金の日の丸弐ツ」に「くろきかさ 金の日の丸三ツ」という格好。この陣傘は「まわり一尺」というから…
09-18 21:25

立花軍の場合は 長尾懸かりの様な乗馬突撃を多用するからか 西国でも馬鎧が標準装備なのかだが
09-18 22:05

09/17のツイートまとめ 

boukenkyuu

合武三島流船戦要法には 海水を水に変える方法が有ると言うが https://t.co/7q2Uvu4Jty 左の様に蒸留していたのかだが 濾過器を利用する方法も有ったかも知れぬが https://t.co/98kEKS63xh
09-17 08:59

https://t.co/QfBiVEeelI 木炭・砂・石・綿を利用する濾過器も有るが 塩は何処迄取れるのかだが
09-17 09:03

水戸光圀の黒人家臣水戸光圀に黒人の家臣が二人いたといろんなところで語られててw... https://t.co/lOJNJKxtZ8  徳川光圀の黒人の家臣と言うのも 蝦夷地を探索していた1680-90年代に雇ったなら オランダの使用人のパダヴィアのインドネシア人の可能性が高いと言う事なのかだが
09-17 10:40

https://t.co/N56ShDy2sy >この人物群はオランダ人の使用人(奴僕)であったインドネシア人(黒坊)である。 >日本は寒いので、オランダ人からもらったシャツと日本人からもらった股引を付けた上に頭に赤い布を巻き、赤い腰巻きを付ける。
09-17 10:49

日本製の股引を 出島のインドネシア人は着ていたのかだが 戦国期の黒人の様に西欧式のズボンを着る例も多かったと言う事なのかだが
09-17 10:50

軽騎兵の場合は背後に回り込んで斬る或いは数的優位を作り斬るのが基本かも知れぬし 完全に足を止めての撃ち合いは組討以外では基本的に無い可能性も有るのかだが
09-17 11:04

https://t.co/Iz68LHMi3M 1対1では背後に回ると言うのは容易なのかだが 重騎兵の鈍重な馬相手なら軽騎兵が1対1で回り込める例も有るのかだが 馬が手負いで有ったり地形に掛かる等して 後ろに回られる例も有るのかだが
09-17 12:18

気性の荒い馬が上手く旋回出来ず 背後を取られてやられると言う様な例は有るのかどうかだが
09-17 12:21

https://t.co/BEdyfpz3Ap 左の佩楯に有る様な白い毛がほぼ全面に有る様な具足は 果たして有るのかだが
09-17 12:54

RT @kamaeatte: 慶長の役における立花宗茂軍の陣立が各備まで詳細にわかる形で残っているので、円グラフにしてまとめてみた(立花家文書・高麗御陣御備人数覚。「福岡県史近世資料編 柳川藩初期・上」より)。こうして見るとやはりというか、馬上や鉄砲の戦力は馬廻が数的にも比率的…
09-17 22:45

09/16のツイートまとめ 

boukenkyuu

松浦党が蔚山城の戦いの救援軍に居たと言う事だっただろうが 棒火矢や焙烙玉は地上戦では利用したのかだが
09-16 00:13

https://t.co/jIHsK53JQr 鵲院関の戦いでも松浦党は地上戦をしているが 焙烙玉等は果たして利用されたのかだが
09-16 00:18

>小西の八代衆を一番、松浦の平戸衆を二番として、鉄砲で交互に一斉射撃をかけた。新緑の森に白衣の朝鮮兵は恰好の標的であって、風で桜の花が散るようにバタバタとなぎ倒され、朝鮮軍は我先にと潰走を始めた。   白い羽織を装備する足軽も描かれては居るだろうが 危険とは見られていたのかだが
09-16 00:19

https://t.co/sAFuQ5lmyC 朝鮮兵も黒い道着や綿襖甲装備の兵は そう白くも無いと言う事なのかだが
09-16 11:02

https://t.co/Y6v1QdJPTk 朝鮮軍陣図屏風では 白い羽織を着た弓・鉄砲足軽が描かれるが 胴体だけ白いなら前が完全に覆われていない事も有り そう狙撃され易くは成らない可能性も有るのかだが
09-16 11:25

https://t.co/IqW12DKcl2 こう言う白い鎧は 狙撃される危険はどうなのかだが 上に白く無い羽織が有る可能性も有るのかだが
09-16 12:06

https://t.co/nKKSYMfgEx >朝鮮の役では24戦無敗を誇り、あまり注目されていないが、抜群の戦歴を残している。 >出征した3,000名の内1,918名の家臣が戦死したが、 >帰国時にはむしろ増えて7,200名余に膨れ上がっていたと言う。
09-16 12:27

朝鮮では24戦無敗の松浦党も 3000人中1900人戦死した等と有るが 7200の内1900が主に病死したと言う可能性も有るのかだが
09-16 12:28

珍品 逆刃 短刀 刀身銘「越後守包貞」 https://t.co/Vb0VuF7mfx こうした物は 逆手持ち専用なのかだが
09-16 12:41

https://t.co/EXKJQHMn0g 騎乗サーベル戦も軽騎兵同士であれば 一撃離脱が多いと言う事なのかだが
09-16 14:29

続きを読む

09/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

◆TA1343◆甲冑/鎧/兜/二枚胴/鉄地黒漆/金粉縁取/胴◆ https://t.co/NNYGuTfPfj 水玉紋或いは乱星紋の入る胴も有るが 戦国期にこうした物は有るのかだが
09-15 11:18

https://t.co/h64RC8NGtu 刃の無い銃剣も多いだろうが 腕を斬る様な攻撃は無いと言う事なのかだが https://t.co/ECBc4IIXGx 日本刀を模した三十年式銃剣も 刃はは先端19mmしか無い訳だろうか
09-15 14:30

https://t.co/TxF7cF5LA5 止まった馬上の剣で銃剣に対する場合は カウンターしか出来ないのかだが 銃を掴む例も多かったのかだが サーベル騎兵も機動力を生かして数的優位を作り背後に回った者が攻撃するか 正面からは馬を当てて倒すと言うのが基本と言う事なのかだが
09-15 14:40

胸甲騎兵なら胴で受け流して腕等を斬ると言うのも出来るかも知れぬが 馬がやられる例も多かったのかだが
09-15 14:44

https://t.co/9xiCdWajH5 https://t.co/L9nlh1GFz2 タージも短剣は装備した儘持てるが 銃を掴む事は出来るのかどうかだが
09-15 15:03

https://t.co/Qc5AkstHcd タージも左の様に腕に通すなら 銃を掴むだけでは無く組討も出来るのかだが こうした持ち方は果たしてされたのかだが
09-15 15:05

https://t.co/YfUScD9kwR こうした片手突きは 何処迄利用されたのかだが
09-15 15:31

https://t.co/Y3krazluZL 1917年でも銃剣道用の肩防具は存在するが 剣道側は低い位置への攻撃が多いだろうか
09-15 15:46

https://t.co/gNEzc9rkBI 戚継光の兵も移動中は余り密集していないが 戦闘中は極度に密集しているなら 焙烙玉を投げ込まれて打撃を受けていた可能性は有るのかだが 倭寇なら此れは可也有る可能性も有るのかだが
09-15 22:43

https://t.co/fB3H56IWjL 17-18世紀の4列程度の横隊にも擲弾は投げ込まれているが 3列に成った後は擲弾は廃れていると言う事なのかだが
09-15 23:45